レッドクローバー

レッドクローバーとは、ヨーロッパ原産のハーブで昔から薬用に利用されてきました。
日本では、マメ科シャジクソウ属の植物で、ムラサキツメクサやアカツメクサという名で知られ、分類は日本中、どこでも見られるシロツメクサの仲間です。

大豆イソフラボン同様にエストロゲンと似た働きをするため、更年期障害や骨粗しょう症予防効果があります。

レッドクローバーに含まれているイソフラボンは、不足しているエストロゲンを補い、さらにエストロゲンが過剰に分泌されたときにはその分泌量を抑える「抗エストロゲン作用」もあるので、過不足を調整できます。

レッドクローバーの効果・効能

更年期障害の症状を改善
レッドクローバーが含むイソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるため更年期障害改善が期待できます。 また、イソフラボンはエストロゲンの分泌を促進する働きがあります。
美肌効果
肌に関わるヒアルロン酸やコラーゲンの生成促進します。
骨粗しょう症を予防
レッドクローバーに含まれるイソフラボンが、骨からカルシウムが溶けださないように調整してくれるため。
コレステロール値の低下
レッドクローバーにに含まれるイソフラボンは血液中に増えすぎてしまったコレステロールを減少させることができます。
呼吸器の感染症を予防
レッドクローバーには抗炎症作用があるので、咳を伴う風邪、喘息、そして気管支炎などの予防に役立てることができます。

相乗効果がある成分

レッドクローバーを含む食べ物
サプリメント
ハーブティー
お茶
1日に必要な摂取量(男性)
800mg程度
1日に必要な摂取量(女性)
800mg程度

レッドクローバーの副作用

摂取過多にご注意ください

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース