レスベラトロール

ワインやリンゴンベリーに多く含まれる、ポリフェノールの一種。
1939年に、植物が紫外線から自らの体を守るために生み出した防御成分の一種として発見されました。

生活習慣病やガン、老化の原因と考えられている活性酸素の働きを抑えることもわかっています。

レスベラトロール化学構造において「トランス型」「シス型」の2種類に分けられます。
「トランス型」のレスベラトロールは太陽の光などによってシス型に変化し、強い抗酸化力を持っています。

レスベラトロールを多く含む食品として、真っ赤な果実リンゴンベリーが有名です。

レスベラトロールの効果・効能

美肌効果
肌を老化させる原因の活性酸素を除去して、新陳代謝を活発にさせますので、シミやシワ、そばかす、たるみ などを予防します。
認知症予防
レスベラトロールを摂取することで脳内の「海馬」と呼ばれる記憶や学習に関わる重要な器官の神経細胞の再生、そして情報伝達の速度が高まります。
老化を防ぐ
レスベラトロールには「長寿遺伝子」と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」を活性化させる働きがあります。

相乗効果がある成分

レスベラトロールを含む食べ物
リンゴンベリー
赤ワイン
ピーナッツの皮
アーモンド
ココア
1日に必要な摂取量(男性)
20~35mg
1日に必要な摂取量(女性)
20~35mg

レスベラトロールが含まれているものとして、まずイメージするのは「赤ワイン」でしょう。
グラス1杯の赤ワイン240mlには、およそ640mcgのレスベラトロールが含まれ、赤ワインは節度を保って飲むことが心臓病の予防にもなるので、アルコールの摂取は適度な量がよいでしょう。

実はレスベラトロールが含まれているのは赤ワインだけではありません。

1.ピーナッツ
一握りのピーナッツには、およそ73mcgのレスベラトロールが含まれています。

2.メリンジョ
インドネシアを原産とする木の実のことです。
レスベ ラトロールが大量に含まれており、中でも「レスベラトロール二量体(グチネンC)」が多く、ブドウのものと同じく強い抗酸化作用を持っており、「抗がん」「心臓疾患」「動脈硬化防止」「成人病予防」「アルツハイマー病予防」にも効果があります。

3.イタドリ
日本やその他のアジア地域原産の多年草のことで、実はアメリカ産などの安価なレスベラトロールのサプリメントに含まれています。
ただ、日本では薬事法によりイタドリから採取したレスベラトロールを使ったサプリメントが認められていません。

その他にマルベリー(桑の実)、ぶどうジュース、レーズンなどに含まれています。

レスベラトロールが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース