αリポ酸

αリポ酸とは、体内中の細胞内にあるミトコンドリアに存在しており、1つの細胞の中には50~2500程あります。
αリポ酸には水溶性と脂溶性の2つの性質を持っているため、すべての細胞内に入り込むことが出来るので、ミトコンドリアがエネルギーを生み出すために必要不可欠の成分です。

αリポ酸は分子量が小さいので脳にまで到着する数少ない成分で、体内のさまざまなところに行き届き、水にも脂にも溶けるので吸収率が高く、ビタミンCやビタミンEの抗酸化持続力よりも長時間持続させる効果があります。

αリポ酸の効果・効能

疲労回復
αリポ酸は体を動かすエネルギーを作っていて、このエネルギーは運動に使用されるだけではなく、内臓が活動するときにも使用されます。αリポ酸がミトコンドリア内で作りだすエネルギーにより心臓を動かす筋肉、呼吸を行うための肺や胸筋、そして消化を行うための胃腸、毒素を排出する肝臓などが動いているのです。
ダイエットサポート
ブドウ糖をすばやくエネルギーに変えて使い切る働きがあります。
運動サポート
αリポ酸が持っているエネルギー代謝効率を高める働きにより、食べた物を効率よくエネルギーに変えて疲れにくくする体を作ることができます。
老化防止
αリポ酸にはビタミンCやビタミンEのおよそ400倍ともいわれている抗酸化力があり、活性酸素を除去し、細胞の若返りの効果が期待できます。
癌、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防
αリポ酸は糖をエネルギーに変換する役割を持っていて、近年ではαリポ酸を使用した治療薬が有効とされ、医療の現場で利用されています。
抗酸化作用
αリポ酸を摂取して抗酸化作用がしっかり機能することで代謝をアップさせて、より多くのエネルギーを消費させることができます。
肌の糖化を防ぐ
αリポ酸が持っている抗糖化作用で肌を糖化から守ることができます。
目の病気の予防
糖化は目の水晶体にも悪影響を与えてしまいます。αリポ酸は糖をエネルギーに変換する働きで、目の病気の予防が可能です。
αリポ酸を含む食べ物
ほうれんそう
トマト
ブロッコリー
にんじん
レバー
1日に必要な摂取量(男性)
100mg~300mg
1日に必要な摂取量(女性)
100mg~300mg

αリポ酸は、コエンザイムQ10、そしてビタミンCやEなどの抗酸化作用がある栄養素を一緒に摂取することで、相乗効果を得ることができ、生活習慣病の予防、そしてがんに対する効果も期待ができます。

また、αリポ酸の効果的な摂取量は1日あたり100mgで、上限は200mgとなっていて、この数値は「日本栄養評議会」により自主的に決められたものです。
ちなみにサプリメントは食品の扱いになることから国の基準は決められていません。

αリポ酸は食事と一緒に摂取することで吸収率が低下するため、食事の30分前に摂ることをおすすめします。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース