酒粕

酒粕は、日本酒などのもろみを強く押して搾ると残る固形物です。

清酒は「米」「米麹」「水」を発酵させてできる固形物の「もろみ」を絞ることで作られますが、そのときに重量比でおよそ25%の酒粕が取り出されます。

この酒粕には炭水化物、たんぱく質、脂質などの三大栄養素だけではなく、ペプチド、アミノ酸、ビタミン酵母などといったさまざまな栄養素が含まれており、とても栄養価が高い食品として注目されています。

酒粕の効果・効能

糖尿病の予防
酒粕にインスリンに似た働きを行う物質が含まれているため。
がんの予防
酒粕にはナチュラルキラー細胞の働きを活発させる物質が含まれているため。
高血圧の予防
酒粕に血圧を上げるアンジオテンシン変換酵素の働きを阻害するペプチドが6種類含まれているため。
肥満を予防
酒粕にデンプンの分解スピードを緩める働きがあるため。
血栓を予防
酒粕には血栓を溶かす酵素のウロキナーゼの合成を促す物質が含まれているため。

相乗効果がある成分

酒粕を含む食べ物
甘酒
日本酒
1日に必要な摂取量(男性)
およそ50g
1日に必要な摂取量(女性)
およそ50g

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース