サラシア

インドやスリランカなどの雨の多い亜熱帯の森林に自生する、ニシキギ科サラシア属の植物です。インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」にも使用されてきた歴史を持ち、糖尿病予防や脂肪燃焼、アンチエイジング効果も発揮します。

現地では古くから「奇跡の植物」と呼ばれているつる性低木の植物です。研究により、サラシアにはサラシノール、コタラノールという特有の成分が含まれていることがわかってきました。

これまでおよそ120種類以上ものサラシアが見つかっており、薬として利用できるほかに、建材として利用されるなど、亜熱帯地方の人々の生活に根付いています。

サラシアの効果・効能

糖尿病の予防
サラシアには血糖値を下げる作用があります。継続的に摂取することで食後に上昇する血糖を抑制し、糖尿病および予備軍によい効果をもたらします。
脂肪燃焼を促す作用
サラシアはアーユルヴェーダで肥満の治療に用いられてきました。豊富に含まれるポリフェノールが脂肪の吸収を抑え、燃焼を促します。
アンチエイジング効果
サラシアに含まれるエピカテキンガレートの優れた抗酸化作用により、細胞の老化を防ぎ若々しい体を保ちます。

相乗効果がある成分

サラシアを含む食べ物
サラシア
1日に必要な摂取量(男性)
240g
1日に必要な摂取量(女性)
240g

サラシアの副作用

人により胃腸の不調が出ることがあります。

サラシアが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース