煎茶

煎茶とは日本茶のひとつで、基本的には茶葉を揉まないで湯で煎じたお茶のことです。日光を覆わずに収穫されているのが煎茶であり、ほかの日本茶とは異なる方法で収穫されたものです。

光を遮断しないためカテキンを多く含有しており、味も美味しく飲みやすくなっています。

店舗でよく目にする緑茶ですが、煎茶、かぶせ茶、玉緑茶、番茶などの種類があります。この中で最も飲まれているのが煎茶で、全体の6割ほどを占めます。

煎茶はカテキンやテアニン、カフェインなどの成分を含んでおり、体脂肪低下やがん予防、虫歯予防に効果的です。

煎茶の効果・効能

がんを予防
煎茶に含まれるカテキンには高い抗酸化作用があり、がんの原因となる遺伝子の変異を抑制します。煎茶を飲む習慣のある人にはがんの発生が少ないことがわかっています。
コレステロールの低下
煎茶に含まれているポリフェノールには、コレステロールの吸収を妨げる働きがあります。継続的な摂取により、血管にかかる負担を減らし血圧を正常に近づけます。
体脂肪を抑える作用
煎茶の苦味成分カテキンに、血中の中性脂肪やコレステロールを下げる効果があることがわかっています。エネルギー源として優先的に体脂肪を使い、脂肪燃焼を促します。
美肌効果
煎茶には豊富なビタミンCが含まれています。飲んでも塗ってもお肌によい効果をもたらし、健康的で美しい肌へと導きます。
虫歯を予防
煎茶にはフッ素が含まれます。歯に付着することで、虫歯菌の出す酸に抗います。またカテキンの殺菌作用が虫歯菌を除去してくれます。
口臭を予防
カテキンが口臭の素となる雑菌の繁殖を防ぎます。ペットボトルの煎茶よりも、急須で入れた煎茶のほうが口臭予防に効果的です。
むくみを改善
煎茶に豊富に含まれるカリウムが、体内の余分なナトリウムを水分と一緒に尿として排出します。継続的な摂取によりむくみ改善効果が期待できます。

相乗効果がある成分

煎茶を含む食べ物
煎茶
1日に必要な摂取量(男性)
3杯~6杯
1日に必要な摂取量(女性)
3杯~6杯

煎茶の副作用

飲み過ぎるとカフェインの過剰摂取となり、睡眠の質が低下したり、イライラなどの精神的な症状が出ることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース