セリン

絹糸の成分である、セリシンから発見された非必須アミノ酸の一種です。セリシンの主要成分であるセリンは、絹のなめらかさを出す役割を持っています。

人間の体内で合成でき、脳を構成する神経細胞の材料になる成分です。

また天然保湿因子の主成分として肌の角質層に多く含まれており、肌のうるおいを保つのに欠かせない物質でもあります。タンパク質が不足しがちな人は、セリンが欠乏している可能性があります。

現在では医療用にも使用されており、高カロリー輸液用総合アミノ酸製剤、肝不全用アミノ酸製剤などに配合されています。

セリンの効果・効能

美肌効果
セリンは角質層に多く存在する成分で、水分を保持する作用があります。またシミやそばかすの原因となるメラニン色素の発生を抑えるため、摂取により美白効果も期待できます。
アルツハイマー病を予防
研究により、セリンにはアルツハイマー病の脳に蓄積する物質を除去する作用があることがわかってきました。アルツハイマー病の進行を遅らせたり、予防する効果が期待できます。
睡眠の質を向上させる効果
セリンを就寝前に摂取することで、睡眠の質が向上することが研究により明らかになっています。寝つきや就寝中の目覚めなどによい効果を与える作用があります。

相乗効果がある成分

セリンを含む食べ物
カツオ節
高野豆腐
牛乳
大豆
イクラ
海苔
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

セリンの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース