シスタンシェ

シスタンシェは別名「砂漠の高麗人参」とも呼ばれる植物です。

中国のシルクロード地域で、不老長寿の薬として大切にされてきました。
この地域では元気な高齢者が多く、シスタンシェを健康維持に利用してきたことがその要因のひとつとされています。

日本でも「強壮剤」「男性の精力剤」などとして利用されおり、商品名でいえば「ユンケル黄帝ゴールド」「ゼナ」にも配合されている生薬です。
シスタンシェの和名は、中国語の「管花肉苁蓉」を日本読みした「カンカニクジュヨウ」です。

抗酸化作用がたいへん強く、老化に抗うことができるハーブとして注目を集めています。

シスタンシェの効果・効能

認知症予防
脳に巡らされている血管細胞を傷つけている活性酸素を、高い抗酸化作用により抑えます。脳に栄養素が届きにくい状況を改善し、記憶力の低下を予防します。
抗酸化作用
シスタンシェにはさまざまな抗酸化作用があることが研究により明らかになっています。活性酸素は老化を促進するため、アンチエイジング効果の面で注目を集めています。
免疫力の活性化
シスタンシェに含まれるエキナコシドには、抗ウイルス・抗菌作用があります。また免疫を賦活する作用があり、病気にかかりにくい体作りをサポートします。
性機能の改善
シスタンシェの有効成分であるアクテオシドには、精力を増強する作用があります。年齢を重ねても、いつまでも元気で潤いのある生活を後押しします。
美肌効果
高い抗酸化作用を持つシスタンシェは、細胞の酸化による老化を防ぎます。シミやシワの原因となる活性酸素を抑制し、若々しいお肌を保ちます。
血糖値の上昇を抑える作用
シスタンシェには、食後の血糖値の上昇を抑える作用があります。インシュリンの急激な分泌を抑えるため、糖尿病予防にも効果が期待できます。
脂質代謝を正常に保つ作用
高いコレステロール値や中性脂肪の数値を正常に近づける作用があります。血流をスムーズにし血圧を下げるため、成人病の予防効果に注目が集まっています。

相乗効果がある成分

シスタンシェを含む食べ物
シスタンシェ
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース