有胞子乳酸菌

有胞子乳酸菌とは、硬い殻を持った乳酸菌のことで、別名ラクリス菌ともいわれています。殻に守られているため胃酸や熱などにも負けずに腸まで到達することができます。硬い殻は胞子と呼ばれるため、有胞子乳酸菌という呼び名がついています。

有胞子乳酸菌は腸内に留まる力が強く、順調に増殖し1週間程度は腸の中で生きています。一般の乳酸菌は数日程度で便と一緒に排出してしまうのに比べると、有胞子乳酸菌の強さが分かります。

最近の乳酸菌サプリにも有胞子乳酸菌が配合されていることが多く、手軽に摂れるようになりました。

有胞子乳酸菌の効果・効能

腸内環境を整える作用
有胞子乳酸菌を継続的に摂取することで腸内の善玉菌が増え、腸内フローラが改善します。便秘や下痢、ガスだまりなどの症状が緩和し、体調がよくなります。
アレルギー症状を緩和
有胞子乳酸菌を摂取することにより、腸内環境が整います。免疫をつかさどる腸が健康になることで免疫のバランスが整い、アレルギー症状の改善が期待できます。
コレステロールを低減
有胞子乳酸菌には血中のコレステロール値を低下させる作用があります。高血圧や動脈硬化などの発症リスクを下げ、血管を健康に保ちます。

相乗効果がある成分

有胞子乳酸菌を含む食べ物
乳酸菌飲料
ヨーグルト
1日に必要な摂取量(男性)
2~8億個前後の菌個数量
1日に必要な摂取量(女性)
2~8億個前後の菌個数量

有胞子乳酸菌の副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース