知られざる蜂蜜の栄養とは?美容・健康効果が高いだけじゃなくダイエットにも!

はちみつといえば、ヨーグルトにかけて食べるなど何かに甘味をプラスするのに使うのが定番です。

でも気が付いたら瓶の底に固まってガチガチになってしまうこともあります・・・。
その状態でどうすることもできず、結局捨ててしまった、なんてことしてる方はもったいない。

はちみつには女性に嬉しい効能がたくさんあるので、はちみつをより知って、上手に使ってみませんか。

はちみつは栄養豊富!はちみつに含まれる成分は?

天然はちみつには、
・ビタミンB1、B2葉酸などのビタミン類
・カルシウム、鉄などの27種類のミネラル類
・22種類のアミノ酸
・80種類の酵素
・ポリフェノール
・パロチン

など、すべて数えたら150を超える成分が含まれています

はちみつに含まれるビタミンは自然から生まれた「活性型」が多く、人工的に作られたビタミンは「不活性型」です。
不活性型は大量に摂取しないと効能がありませんが、活性型は少量でも効能が現れる天然のサプリメントなんです。

貧血になりやすい女性にビタミンと一緒に摂取してもらいたい「鉄」や「葉酸」が取れるのも嬉しいですね。

スポーツ選手や登山家の方は回復のためにハチミツを摂取することが多いようです。
体を大事にする人たちが自ら摂取するのなら栄養面で優れているのが分かりますね。

ただし、これは天然はちみつの話になるので、水飴や糖分を加えた安く大量生産された加糖はちみつは加工する過程で有用成分が破壊されてしまうので、同じような効果は得られないので、商品のラベルを見て確認してください。

ダイエットもよし!美容にもよし!はちみつの効果は?

はちみつは甘味が強くカロリーも高いと思いがちですが、実は砂糖より低カロリーなのです。
甘さは、はちみつ小さじ1杯と砂糖大さじ1杯が同じ甘さになるのに関わらず、

・はちみつ100gは294kcal
・砂糖100gは348kcal

になります。

普段砂糖を飲み物に入れる人は、それをはちみつに変えるだけで自然と摂取するカロリーを減らすことができます。

また料理でも、たくさん砂糖を使うごま和えや煮物にはちみつを使うようにすると、甘さを変えることなくカロリーを抑えられますね。

さらに女性が気になる美容の話、肌の健康には必要不可欠なビタミンは女性ならフルーツやサプリメントで補う人も多いのではないでしょうか。
それもはちみつで補うことができるんです。
先ほどお伝えしたようにはちみつはビタミン豊富で、しかも少量でも効能が現れる活性型なのです。

・ビタミンB2
健康的な皮膚、髪、爪を作る働きや細胞の再生や成長を促進する働きも兼ねています。

・ビタミンB6
免疫機能を正常に保つ働きやたんぱく質の代謝を促します。

・ビタミンC
肌の張りを保ち、シミや小じわを防ぐ、細胞の老化を防ぐ働きもあるのでぜひ取り入れておきたいビタミンです。

これらが含まれているはちみつは、料理やスイーツ、紅茶やミルクと混ぜても取り入れやすい美容成分ですね。

食べるだけじゃない!はちみつをお肌に使う方法

はちみつを積極的に取り入れて内側からキレイになったら、さらに外側からはちみつを使ってみましょう。

はちみつは吸収性が高く、空気中の水分を引き寄せる性質を持っているので、保湿性に優れています

またピーリング効果もあるので古い角質を落として、保湿だけではなくお肌をツルツルにしてくれる役割もあります。

この効果を利用して、まずはクレンジングや洗顔に使ってみましょう。
手のひらで500円玉大のはちみつと洗顔料(またはクレンジング)を混ぜて泡立てると、きめ細やかでもっちりとした泡ができるので、その泡で洗顔してみてください。
保湿効果でもっちりツルツルの肌になります。

また化粧水や美容液、クリームにも一滴加えると保湿効果が高くなります。
さらにはちみつパックとして、はちみつを直接、または少量のお湯で溶いて肌に塗り、三分ほど置いて洗い流します。

注意点として、はちみつを直接塗る場合は必ずパッチテストを行ってからしてください。

世界三大美女のエジプト王女クレオパトラは肌を美しくするためにはちみつを塗っていたという伝説があります。

昔の人もはちみつが美容に良いということを知っていたんですね。
最近ではヘアケア用品や化粧水、リップクリームやハンドクリームなどたくさんの商品にはちみつ成分入りのものが発売されています。
ブランドもはちみつの成分に注目しているんですね。

まとめ~食べても塗ってもいいはちみつを美容に取り入れてきれいになろう!~

内側、外側の両方に使えるはちみつはコストを考えても優秀な逸品ですね。
紅茶にしか使う機会が無かった方も、これからは活躍する場がキッチンだけでなく、洗面台、お風呂場と増えそうですね。

そして嬉しいことに、はちみつは賞味期限が2~3年と長い期間になっていて、例え切れてしまっても実ははちみつは基本的に腐らないのです。

はちみつ自体に殺菌能力があり、水分が少なく細菌が繁殖することができないからです。

はちみつには種類がたくさんあるので、慣れてきたら用途によって使い分けするのもいいですね。
美味しいはちみつを摂り入れて、花のようにきれいな女性になってみませんか。

関連記事

人気のキーワード

ランキング

最新記事

幸せサプリ