亜麻仁油が凄いらしい!花粉症やアトピーなどアレルギー疾患に効果的でおすすめって本当?

今、亜麻仁油がブームになっています。

芸能人が多く使っていることでも知られており、里田まいさんが利用していることで話題になりました。

亜麻仁油の人気から、NHKの朝の情報番組『あさイチ』でも取り上げられています。

亜麻仁油は体に嬉しい効果がたくさんあるオイル!

その効果効能を詳しく説明します。

最近注目を集める亜麻仁油ってどんな油なの?

亜麻仁油は古代エジプト時代から受け継がれている、種子が強い抗酸化力を持つブラックシードオイルです。

今まで日本ではあまり知名度のないオイルでしたが、妊娠中に積極的に摂取すると頭のいい子が生まれるという理由で注目されました。

亜麻仁油には、「オメガ3」「α-リノレン酸」が多く含まれています。
そのため摂取することで、体内で青魚と同じDHAやEPAに変換されて健康効果が得られるのです。

DHAやEPAに変換することで、亜麻仁油には優れた健康効果があると証明され、「アンチエイジング」「メタボリックシンドローム」に効果が期待されています。

亜麻仁油の成分としては、
・脂質
α-リノレン酸  → 植物油の主成分の脂肪酸の1つです。
リノール酸   → 人の体で合成することができない必須脂肪酸です。
オレイン酸   → 植物油の主成分の脂肪酸です。
・リグナン    → ポリフェノールの一種です。
・水溶性食物繊維 → 水に溶ける性質があります。
・不溶性食物繊維 → 水に溶けない性質があります。

亜麻仁油は油でありながら、健康を増進する理想の飲み物で、無味無臭ではありますが、食品の味わいをまろやかにする効果がありますよ。

花粉症やアトピーに効果あり!亜麻仁油の実力とは?

健康にいい亜麻仁油には、いったいどんな効果があるのか紹介しましょう!

①アレルギー症状の緩和

アレルギーの原因の一つに、「リノール酸の過剰摂取」がありますが、亜麻仁油に含まれているα-リノレン酸にはリノール酸に対して競合的に働くので改善に繋がるのです。

またアトピー性皮膚炎の場合、亜麻仁油を直接肌に湿布しても効果が得られることが分かっています。

②血液の流れを改善

亜麻仁油に含まれているα-リノレン酸には、血管をしなやかにして血液をサラサラにする効果があります。
・心疾患
・脳疾患
・心臓病

など、血栓が原因で起こる病気の改善に効果的です。

③植物性エストロゲンとして作用

亜麻仁油の中には、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをする「リグナン」が多く含まれています。

リグナンとは、ポリフェノールの一種で「不妊」「更年期障害」の改善に効果があります。

④生活習慣病の予防、改善

α-リノレン酸のオメガ3系には、善玉コレステロールを増加させる働きがあります。

それ以外にコレステロール値や、血圧を上げる働きがあり、
・動脈硬化
・心筋梗塞
・心疾患

などの生活習慣病の予防が可能になります。

⑤学習能力、記憶力の向上

α-リノレン酸を摂取すると、体内でDHAやEPAに変換されますね。
DHAは脳や神経の深くに関係しており、不足すると脳に異常が現れるという報告があります。

亜麻仁油に含まれているDHAを摂取すると、神経細胞が活発化して、情報伝達が円滑に進みますし、学習能力や記憶力を高める効果があります。

⑥美肌

亜麻仁油には皮膚から水分の蒸発を防いで、保湿効果もありますので、乾燥などによる肌荒れなどの体質改善に有効です。

それ以外に新陳代謝を促して、老廃物を排出する働きもあるため、美肌に繋がります。

⑦便秘の解消

便秘を改善するためには、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類をバランスよく摂る必要があるのですが、亜麻仁油にはそれぞれバランスよく含まれているので、便秘解消に効果があります。

ほかにも亜麻仁油の効果として、
・がん予防
・細菌、ウイルスに対する免疫力向上
・リウマチ、肝炎、気管支炎、腎炎などの炎症を抑える
・脳の状態を良くして統合失調症、うつ、自律神経失調症などの精神疾患の予防や改善
・片頭痛の予防や改善
・慢性疲労の予防や改善

が、あります。

亜麻仁油は健康を意識するのであれば、ぜひ積極的に日常に取り入れたい油だったのですね!

ですが、その効果を確実に得るためには、亜麻仁油を使う場合のルールを知っておかなくてはいけません!

加熱厳禁!亜麻仁油を効果的にとるための注意点

亜麻仁油は油なので、単純に調理に使えばいいと考えてしまいがちですが、実は加熱厳禁の油です。

亜麻仁油に多く含まれているオメガ3は、水溶性になりますので加熱に弱いのです。
そのため、サラダやカルパッチョ、コールスローなど、加熱調理をしないものに使用することをおすすめします。

それ以外にも、亜麻仁油は酸化するスピードがほかの油と比較して早いので、封を開けたら早めに使いきる必要があります。

保存方法も開封前後は、風邪通しがいい冷暗所への保管が重要です。

ちなみに、いくら健康にいいからといって過剰摂取するのは控えましょう。

オメガ3の摂取は1日約3gとなっていますので、適量を守って毎日の生活に取り入れましょう。

まとめ~さまざまな症状に効果を発揮する亜麻仁油!効果を最大限にするには取扱いに注意~

食べてもいいし、体に塗ってもいい亜麻仁油!

子どもの健康のことを考えて、妊娠中の食生活に取り入れることで、体内でたくさんのDHAやEPAが発生するので、おすすめです。

それ以外にもアトピー性皮膚炎の場合、強い薬を塗らなくても、亜麻仁油を塗ることで症状を改善させることができるのは嬉しいですね。

また生活習慣病の予防のために、油を控えている人でも、亜麻仁油であれば積極的に摂り入れることができます。

しかし抜群の効果を発揮する亜麻仁油は、保管や使用方法に制限があることもよくわかりました。

亜麻仁油を使うときは加熱せずに、早期使用で抜群の効果を体に発揮してもらいましょうね!

関連記事

人気のキーワード

ランキング

最新記事

幸せサプリ