タルク

ケイ酸マグネシウムが主成分となる、自然の粘土鉱物を粉砕して得られる白色の顔料です。化粧品として昔からなじみがあり、ファンデーションやおしろい、アイシャドウや口紅などのメイクアップ用品として広く利用されています。

ほかにも、ベビーパウダーやタルクパウダーとして用いられることが多く、皮膚炎症や皮膚疾患撒布剤として利用されることも多い成分です。

またサプリメントの原料や、食品製造の補助として利用されることもあります。毒性やアレルギー性がなく、皮膚につけても安全性の高い鉱物ですが、粉末を吸い込むと呼吸器に付着してしまうため、スプレー状の製品には気をつける必要があります。

タルクの効果・効能

滑沢作用
サプリメントや錠剤などの形成を助け、流動性をよく飲みやすくします。また表面に光沢を与える作用があります。
消炎作用
赤ちゃんのあせもや肌荒れ防止に使われることがあります。汗を吸着することで雑菌の繁殖を抑え、炎症を防ぎます。

相乗効果がある成分

タルクを含む食べ物
特になし
1日に必要な摂取量(男女共通)
特になし

タルクの副作用

タルク過敏症の人は使用することができません。肺機能障害の既往症がある人についても、使用は医師に相談しましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース