タンニン

植物に多く含まれる、渋味やえぐ味の原因となるポリフェノールの一種です。渋みや苦み、色素成分のことを指し、その数は5000以上ともいわれています。

口に入れると強い渋みを感じますが、これはタンニンが口中のタンパク質を変性させることによって感じるものです。痛みなどの触覚に近いものと考えられ、収れん味とも呼ばれます。

タンニンを含む有名な食品に、緑茶や紅茶、ワインなどがあります。薬やサプリメントを摂取する場合、タンニンが反応して効果が弱まる場合があるため、同時飲用は避けるほうがいいでしょう。

タンニンの効果・効能

美肌効果
タンニンには皮膚を引き締める収れん作用があるため、開いた毛穴を引き締め目立たなくします。またメラニン色素の生成を抑える作用もあるため、美白効果も期待できます。
腸の調子を整える作用
収れん作用が腸に作用し、下痢を改善します。過剰に摂取すると逆に便秘になってしまいますので気をつけましょう。
生活習慣病の予防・改善
タンニンには高い抗酸化作用があります。コレステロールの酸化を抑え、血管にかかる負担を減らして高血圧や動脈硬化などを予防します。
二日酔いの予防
タンニンは二日酔いの原因となるアセトアルデヒドと結びつく作用があります。飲酒の前後にお茶を飲むことで、二日酔いを予防する効果が期待できます。
殺菌作用
タンニンには殺菌作用があり、においのもととなる雑菌を除去します。口臭予防やワキガ予防などにも効果的です。

相乗効果がある成分

タンニンを含む食べ物
茶葉

ワイン
チョコレート
ナッツ類
1日に必要な摂取量(男性)
1000~1500mg
1日に必要な摂取量(女性)
1000~1500mg

タンニンの副作用

過剰摂取により胃腸の不調があらわれることがあります。またタンニンは鉄の吸収を阻害するため、貧血の人は医師に相談しましょう。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース