タウリン

この名前を聞くと、栄養ドリンクを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。タウリンには肝機能の強化やコレステロール低下させる働きがあります。

人間の体内で合成できる含硫アミノ酸の一種で、心筋や筋肉、目の網膜や脾臓、肺、脳、骨髄などに存在しています。タウリンは体内で胆汁酸と結合し消化吸収にかかわったり、神経伝達物質として作用したりと、重要な役割を担っています。

タウリンはイカやタコ、魚の血合い部分に多く含まれています。加熱すると減少する性質があり、水に溶け出るため調理の際は煮汁ごと摂るのがおすすめです。

タウリンの効果・効能

肝機能を高める作用
タウリンには肝臓で胆汁の分泌をうながす作用があります。肝細胞の再生を助け、細胞膜を安定化させることにより肝機能を高めます。
コレステロール値を下げる作用
胆汁酸を作る際には、原料としてコレステロールが使われます。タウリンには胆汁酸の分泌を促す作用があるため、コレステロールが効率よく消費されます。
高血圧の予防
タウリンは塩分過多による高血圧の改善に効果があります。塩分摂取による交感神経の過剰な働きを抑え、血圧を正常に近づけます。
むくみ予防と改善
タウリンが不足すると筋肉の収縮力が弱まります。継続的な摂取によりたまりやすい水分を筋肉により押し上げ、むくみを予防します。
便秘の解消
腸の筋肉の収縮力が衰えると、便が滞留しがちになります。タウリンの継続的な摂取により蠕動運動を活発化させ、便を排出する能力をサポートし、便秘を解消します。
視機能の改善
タウリンは目に多く存在する成分です。目の新陳代謝を促し角膜の修復を助けたり、神経を抑制して網膜を守る作用があります。

相乗効果がある成分

タウリンを含む食べ物
牡蠣
いか
たこ
アサリ
カツオ
牛肉
鶏肉
豚肉
1日に必要な摂取量(男性)
500mg
1日に必要な摂取量(女性)
500mg

タウリンの副作用

過剰摂取により胃腸の不調が現れることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース