テルペンラクトン

テルペンラクトンとは、イチョウ葉だけに含まれているファイトケミカルです。イチョウ葉は、中国やヨーロッパで古くから健康によいものとして用いられてきました。現在日本ではサプリメントとして出回っていますが、ヨーロッパでは医薬品として医療に使われています。

イチョウ葉エキスには20種類もの成分が含まれていますが、なかでもテルペンラクトンの血管拡張作用と、血行を促進する作用に注目が集まっています。

脳や血管に対するよい作用があり、脳血栓予防による脳梗塞や脳疾患の予防、アルツハイマー病の予防、血行不良によるめまいの予防などへの効果が期待されています。

テルペンラクトンの効果・効能

血流を良くする作用
テルペンラクトンには、血管を拡張し血小板の凝固を防ぐ作用があります。全身の血流がよくなり、さまざまな疾患の予防に役立ちます。
血栓を予防する作用
血栓の原因となる血小板の凝固を防ぎ、血液をサラサラに保ちます。脳血栓を予防し、脳梗塞リスクを低下させます。
記憶力を高める作用
加齢によって低下していく脳の血流を高め、記憶力を向上させる効果が期待できます。継続的な摂取により、認知能力の低下を防ぎます。

相乗効果がある成分

テルペンラクトンを含む食べ物
イチョウ葉
1日に必要な摂取量(男性)
120mg
1日に必要な摂取量(女性)
120mg

テルペンラクトンの副作用

過剰摂取により胃腸の不調が現れることがあります。

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース