ストレスと腸内環境は密接に関連していた!乳酸菌で過敏性腸症候群と戦おう

ストレス社会といわれて、数十年が経過した現代社会。

日常生活でストレスを感じることが多いため、胃腸を患う人は年々増加傾向にあります。

もはや国民病ともいわれかねない胃腸の不調ですが、なぜストレスを感じることで、胃腸に不調を患うのでしょうか?

悪い食べ物を食べたわけでも、お腹を冷やしたわけでもなく、ストレスによって発症する胃腸の不調について調査してみました。

ストレスで胃痛や下痢になる!なぜそのような症状が出るの?

胃と腸は胃腸と呼ばれることが多いくらい密接な関係があり、どちらも自律神経によって司られており、体調やストレスによって機能低下をするという意味でもよく似た器官になります。

そのため胃痛と便秘が同時に起きている場合など、根本的な原因が同じであることも珍しくありません。

ちなみに胃痛と便秘が併発する代表的な病気としては、
・腹膜炎
・腸閉塞
・腫瘍性大腸炎

があります。

胃や腸に細菌感染や腫瘍、癌などの病気や疾患がなくて、検査をしても異常がないにもかかわらず、原因がストレスである場合は、
・腹痛
・下痢
・便秘
・吐き気
・嘔吐

などの症状が発生します。

この状態を過敏性腸症候群と呼び、症状の現れ方は大きく3つに分けることができます。

下痢型
突然腹痛が発生して下痢を起こし、通学や通勤、外出が困難になる場合があります。

便秘型
便がうさぎの糞のようにコロコロになって排便が困難になります。

混合型
下痢と便秘を繰り返します。

ちなみに男性は下痢型、女性は便秘型が多いです。

なぜこのような症状が発症するかというと、ストレスを感じることで腸がけいれんを起こし、本来の働きを失ってしまうことで、下痢や便秘などになり宿便という悪性のガスを発生してしまいます。

これにより腸内に悪玉菌が溜まってしまい、腸内環境が著しく悪化します。

そして胃の場合は、胃痛や胸やけなどの自覚症状がありながら、検査では異常なしという場合、慢性胃炎や神経性胃炎と診断されることが多いです。

慢性胃炎や神経性胃炎では、
・便秘や下痢などの便通異常
・疲れやすくなる
・体がだるい
・頭が重い

などの全身症状を伴うことがあります。

ストレスが原因で胃痛や便秘、下痢などが発生している場合には、どちらか一方ではなく、両方をまとめて解消しなければ根本的な解決にはなりません

まず規則正しい生活を心がけ、日常のストレスを少しでも減らすことが大切です。

そして食生活においてはヨーグルトのような胃に優しく、腸内環境を整えることができる作用を持つ食品を積極的に摂取すると効果的です。

胃にも腸にも負担をかけないようにすることが大切なのです。

ストレスで腸内が乱れる!腸内はどのような状態になっている?

ストレスが原因で腸内環境が悪化すると、排便に関わる機能障害が発生します。

腸は非常にデリケートな器官で、ストレス以外にも生活習慣の乱れによって腸内環境が悪化することもあります。

ちなみに腸内環境悪化の原因の一つに「便秘」があげれられます。
食べ物のカスが腸内に長く停滞した状態で、食べ物のカスが腐敗し腸内環境を悪化させるのです。

腐敗には悪玉菌が大きく関係しています。
悪玉菌は肉類などのたんぱく質が大好きで、一度に大量に摂取したり、胃や小腸が疲れているときちんと消化されない状態で大腸に運ばれてしまうのです。
そのため大腸で悪玉菌がたんぱく質を分解、腐敗させることで有害物質を生み出し、便秘や下痢、肌荒れの原因になってしまうのです。

便が長く留まれば留まるほど、悪玉菌にとって最高の腸内環境になり、悪玉菌はますます増殖して腸内環境を悪化させていくのです。

下痢や便秘は強いストレスが加わることで、自律神経のバランスが乱れ、腸管の運動が崩れることで発生してしまいます。

つまり腸内環境を悪化させないためにも、ストレスは大敵ということにほかなりません。

また人の免疫反応は大腸の腸内細菌の数、種類で決定されます。
そのため腸内細菌が減ると免疫力が低下してしまいますので、健康面についても非常に重要なことですね。

便秘解消サプリランキングはこちら>>
つらい便秘の原因と年代別の解消法|便秘薬はもう必要ありません!>>

乳酸菌でストレスに立ち向かう!乳酸菌はどのように働く?

ストレスが胃腸に深く関係していることがわかっても、簡単に無くせないのがストレスですよね。

ストレスは精神的にもつらい思いをすることが多いので、ストレスを発散させることが逆にストレスになるという人も少なくないからです。

ストレスを軽減させる画期的なアイテムはないのでしょうか?

そこで今、腸内環境を整える効果もあり、ストレスを軽減、さらにストレスホルモンの分泌を抑制したり、ストレスによる睡眠障害を軽減する効果があるとして、乳酸菌が注目されているのです。

ストレス対策には、善玉菌が優位の腸内環境が欠かせないものです。

脳と腸は密接に働いており、腸内環境が悪化すると脳に信号が送られる仕組みになっていて、腸からの信号によって脳は不安を感じる物質を放出します。

逆に脳でストレスを感じると腸に信号を送って腸内に悪玉菌が増加し、腸内環境が悪化するという関係があるのです。

そのため腸内環境を整えるのに、乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすことでストレスを軽減させることが可能になるのです。

腸内環境が良い状態で保たれていると、免疫力が向上し、ストレスが原因の健康被害から体を防御することが可能になり、ストレスに強い体づくりができます。

さらに腸内環境が良ければ、「セロトニン」と呼ばれるホルモンが生成され、ポジティブな思考を保ち、ストレスを感じにくくすることができます。

ちなみにセロトニンが不足すると、うつ病の原因になりますので、ストレスによる精神的な予防にも役立てることができますね。

それだけではなく腸内環境を整えることで、緊張と緩和を司っている自律神経のバランスが整います。

このことによって質のいい睡眠や、めまいや吐き気などの症状が緩和されるのです。

ストレスが多い生活を送っている人は、ヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなどから乳酸菌を摂取することをおすすめします!

乳酸菌は即効性があるものではありませんので、継続して毎日摂ることが大切です。

まとめ~ストレス性の過敏性腸症候群になる人は多い。乳酸菌でストレスに強い腸を作れる!~

ストレス性の過敏性腸症候群を患う人が多いというだけではなく、一度患うとストレスを感じるたびに腸がけいれんし、下痢や便秘を引き起こしやすくなってしまいます。

下痢や便秘はトイレがつらくなるだけではなく、体内に老廃物を留めやすくなったり、有害物質を発生させやすくなったりと、さまざまな病気の引き金になる危険性もあります。

さまざまな病気を併発すると、ますますストレスが溜まる悪循環に陥る可能性が高いので、できるだけ早期にストレス軽減へシフトチェンジしましょう。

ストレス軽減方法は人によって異なりますが、乳酸菌を摂取することでストレスを軽減できるという点は変わりません。

乳酸菌の摂取方法としては、ヨーグルトなどが一般的ですが、最近では腸内に確実に乳酸菌を届ける方法としてサプリメントも注目されています。

ヨーグルトの場合、豊富に含まれている乳酸菌の多くが腸に到達する前にいなくなってしまいますが、サプリメントは腸へ届くことを想定して作られていますので、確実に腸内で乳酸菌の効力を発揮できる優れものですよ!

ストレスをどう発散すればいいかわからないという人は、まず毎日乳酸菌を取り入れるという生活を始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ