頸動脈狭窄症になるとどんな症状が現れる?脳梗塞のリスクを軽減するために知っておきたいこと

頸動脈狭窄症とは、頸動脈に動脈硬化が起こり頸動脈が細くなってしまう病気です。
頸動脈は大動脈からの血液を脳に流す大事な血管で、左右に2本ありますが頭の中に血液を送る血管を内頸動脈といい、顔の方に血液を送る血管を外頸動脈といいます。

この2本は首の部分で分かれていますが、この頸動脈分岐部という部分に動脈硬化が発生してしまうのです。
これが原因で血管が狭窄し脳への血流が低下、また脳梗塞のリスクも非常に高めてしまうのです。

頸動脈狭窄症の症状は、主に脳の血流障害によって起こるマヒ症状です。
代表的なものが片麻痺と呼ばれる片側の手足が動きにくくなる症状です。

さらに言葉が出にくくなる失語、片側の手足が痺れてしまう感覚障害、顔面下半分の麻痺などが起こります。

これは動脈硬化が起こり狭窄部分に形成された血のかたまりがはがれて、その破片が血管に流れて詰まってしまことで起こります。
これらの症状が1日以内で治まるものを一過性虚血発作といいます。

しかし、これは脳梗塞の前触れとされており、症状が無くなったからといって安心してはいけません。
また、一時的に片方の視力が低下することもあります。

重症になると、これらの麻痺が一度に現れて強い障害が残ってしまうこともあるため、その症状には注意が必要なのです。

頸動脈狭窄症の治療法とは?手術など外科的処置はある?

頸動脈期狭窄症に気づいたらすぐに専門医の受診をすること、そこが重要です。
この病気は神経内科と脳神経外科が専門です。
神経の機能と脳梗塞の治療を熟知している専門医が治療を行います。

では、どのような治療を行うのでしょうか?
内科的治療が基本になり、動脈硬化の進行を防ぐための食事療法・運動指導・禁煙などとともに高血圧・脂質異常症・糖尿病に対する投薬治療も行います。

つまり生活習慣病のコントロールが重要なのです。
しかし、頸動脈の狭窄がひどい場合は手術を行うこともあります

その術式には2種類があり、頸動脈を開いて直接血栓を取り除く内膜剥離術、カテーテルを使って血管を広げるステント留置術です。

血管の状態や動脈硬化の進行具合、患者の全身状態などでどちらかの手術を選択します。
狭窄が強い場合は投薬治療だけよりも手術で直接狭窄を改善させる方が脳梗塞の予防に良いとされています。

頸動脈に狭窄があるということは他の血管にも見られる可能性があり、他の血管の病気を合併している場合は血管の治療を総合的に行うことになるでしょう。

まとめ~頸動脈狭窄症を予防で脳梗塞のリスクを軽減!生活習慣を見直して動脈硬化を改善することが第一歩

昔にくらべ最近では脳ドックを受ける人も増えてきました。
頸動脈狭窄症も脳ドックで発見されたり、他の病気の検査の時に発見された場合は症状もなく比較的軽い段階のため生活習慣の改善をし、患っている生活習慣病の治療が基本となります。

頸動脈狭窄症は脳梗塞へつながる恐ろしい病気です。
脳梗塞は死に至る確率が高く、一命をとりとめても重い後遺症が残ってしまう可能性が高いこともある大変重篤な病気なのです。

そんな脳梗塞のリスクを軽減するためには、やはり動脈硬化にならない事が重要です。
血管を強くしなやかに保ち血液をサラサラにするには、食事や運動など毎日の習慣を見直すことが大前提です。

不規則な生活に偏った食事、運動不足に溜まる一方のストレス・・・こんな生活を送っている人は要注意です。
表立った症状はなくても、血管が悲鳴をあげているかもしれません。

いつまでも元気で活力のある生活を送るために、大事な血管を守っていきましょう。
動脈硬化に陥るリスクを低下させることが健康寿命を延ばすカギになるのです。

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ