怖い脳の病気・・・「脳卒中」と「脳梗塞」の違いって?

脳の病気というと頭に浮かぶのは「脳卒中」や「脳梗塞」ではないでしょうか?
しかし、脳の血管に関係する病気なのは何となく分かるけど、違いが分からないという人も多いと思います。

簡単に言うと、脳卒中は脳血管のトラブルによって脳に血液が流れなくなり脳の神経細胞が破壊・阻害されダメージを受ける症状の総称であり、脳梗塞は脳卒中の一つなのです。

脳出血には脳梗塞以外にも脳出血やクモ膜下出血などがあります。
その中でも、脳梗塞は脳出血での死亡率の65%を占めており、非常に怖い病気と言えるでしょう。

脳は常に多くの栄養や酸素を必要とする器官であり、非常に多くの血管が通っています。
栄養と酸素は血液に乗って動脈から運ばれているのです。

しかし、脳の血管が詰まってしまい流れが遮られると脳細胞は壊死してしまい、運動機能や感覚機能などあらゆる機能に障害を及ぼし、最悪の場合は生命を維持出来なくなってしまうのです。

脳梗塞を防ぐために!こんな生活習慣に気をつけよう

脳梗塞は致死率が高いだけではなく、一命をとりとめたとしても何らかの後遺症を残す場合がほとんどでしょう。

脳の神経細胞は、一度壊れてしまうとなかなか再生・回復が出来ません
脳梗塞の後遺症で一番多いのが運動の障害であり、片方の手足に麻痺が残る片麻痺が代表的な症状です。

他にも、喉の筋肉が影響を受けてしまい、発声や嚥下が困難になる症状や言語障害なども珍しくない後遺症なのです。

脳梗塞を防ぐためにはどうすればいいのか?それには生活習慣を見直すことが大事です。
脳梗塞のリスクは生活習慣病である高血圧、脂質異常、糖尿病、肥満が大きいのです。

これらの生活習慣病が悪化すると動脈硬化を引き起こしてしまいますね。

動脈硬化が進行してしまうと、脳梗塞を起こす確率がグッと高くなってしまうのです。

脳梗塞を防ぐためには血液の流れを正常に保つこと、血管を強くすることが大事です。

それらは日々の生活習慣を見直すことで必ず改善されるのです。

まとめ~規則正しい生活が大事!生活習慣病予防で脳卒中のリスクを減らそう

脳梗塞をはじめとした脳卒中は、遺伝的な要素もありますがやはり生活習慣の影響によるところがかなり大きいのです。

脂っこい物や糖質の多い食事を好む人は要注意です。高血圧、糖尿病、脂質異常では血液はドロドロになり血管はボロボロ・・・。

動脈硬化は自覚症状の無いまま進行していくのです。

そして、喫煙や飲酒の習慣がある人も気をつけないといけません。

運動不足に、ストレスや睡眠不足も大きな要因となってきます。

しかし、規則正しい生活を送れても食生活を満点に近づけるのは難しいですね。

特に仕事の忙しい中高年の世代の方は、どうしても栄養素が偏りがちになってしまいます。

出来るだけ野菜を摂る、外食の際には魚料理を選ぶようにするなど少しの努力でも変わってきますが、サプリメントで栄養補給をするのも手軽かつ効率的でおススメです。

脳卒中の予防は、いつかではなく今からでもすぐに始められます。

日々の積み重ねに身体は必ず応えてくれますので、生活習慣病予防をしながら脳卒中のリスクも減らしていきましょう。

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ