乳酸菌パワーで腸内から口臭を予防しよう!手軽に摂取するならヨーグルトがおすすめ

毎日ちゃんと歯磨きしているし不摂生もしていないのに、口臭が気になる…。そう思った途端、人と話すのも臭いんじゃないかと気になって嫌になることはありませんか?

口臭を放つ人と一緒にいて不快な思いをしたことがあれば、自分の息が臭いなんて何をするにも人前で自信が持てなくなってしまいますよね。

口内ケアもきちんとしているのならば、口臭の原因は腸内からくるものからかもしれません。
その場しのぎの口臭予防ではなく、腸内環境から見直して臭いを元から断ち切りましょう!

腸内環境と口臭との関係

臭いなあと感じる便やオナラ、体臭、口臭など、体から発する臭いの大本は、実は腸で作られているのです。

先述の通り、口内ケアに余念がなくても腸内環境が整っていなければ、気になる口臭も腸からの産物かもしれません。
では、なぜ腸内環境が口臭と関係しているのでしょうか?

腸に住んでいる腸内細菌が食べ物を分解する際に、におい物質を発生させます。
この腸で発生するにおい物質が、口臭の元となることがあるのです。

しかし、すべての人が口臭の問題を抱えてはいませんよね。
そうです、個々の腸内環境によってにおい物質の質や量が決まってくるというわけです。

炭水化物は主に善玉菌によって分解され、二酸化炭素やメタンなどの臭いの少ないガスを作り出します。
一方、動物性タンパク質や脂肪は主に悪玉菌によって分解され、アンモニアなどの悪臭を放つにおい物質を作り出します。

これらのにおい物質の一部は、便やオナラとして排出

その他は腸から吸収されて肝臓に送られ、肝臓の働きによって無臭化

しかし、無臭化できなかった物質は再び腸に送られる

一部が便やオナラとして排出

残りはまた肝臓に送られて再度無臭化される

この腸と肝臓とのやりとり、循環を『腸肝循環』といいます。

この腸肝循環が正常に働いていれば、スムーズに無臭化が行われるのですが、この機能が低下すると、無臭化がスムーズに行われなくなり、におい物質が血中に流出し血液と共に全身を巡り、肺から呼気となって排出され臭い口臭の誕生となるのです。

口からオナラ?腸内口臭のからくり

腸内からくる原因の腸内口臭。出るところが違うだけなので、オナラと同じ臭いが。
話すだけでオナラの臭いを巻き散らすなんて、考えたくもありませんね。

便秘が原因!?

女性のうち2人に1人が便秘に悩んでいるといわれています。
便秘がちな方は、腸内環境が良いとはいえませんよね。

便秘は、腸内に腐敗物を溜め込んでいる状態なので、腐敗と発酵が進み悪玉菌が増殖し、悪臭を放つにおい物質を発生させ続け、臭いにおい物質を腸内に充満させる腸内環境を作ってしまうのです。
そして、腸肝循環の手に負えなくなり、そのにおい物質は体中を巡って体外に排出されるわけです。
よって、口からもオナラのような臭いがすることも。
こうなると、汗や皮膚の表面など体中からオナラの臭いが漂うようになってしまうのです。
考えるだけで恐ろしいですよね。

合わせて読みたい↓↓

つらい便秘の原因と年代別の解消法|便秘薬はもう必要ありません!>>

脂っこい食事が原因!?

動物性たんぱく質や脂質を分解するのが悪玉菌。
脂っこい食事を多く摂ると悪玉菌が増えてしまい、悪臭を放つにおい物質を大量に生産することに。

ママの母乳やミルクしか飲んでいない赤ちゃんの排泄物は臭いません。
離乳食が始まり動物性タンパク質を摂るようになると、途端に大人と同じく臭くなるのは納得です。

合わせて読みたい↓↓

口臭の原因はもしかして病気?根本から改善するための方法をご紹介>>

善玉菌を増やして、口臭予防!

悪玉菌が増殖することにより腸内環境のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になり悪臭を放つにおい物質を蔓延させ、口からも悪臭を放つ結果に。
そのようなことが起きないための腸内環境を整えるには、悪玉菌を抑制する善玉菌を増やせば良いのです。

善玉菌とは名前の通り、腸内の消化吸収を助け免疫力を向上させたりと、体を健康に保つために働いてくれます。
その善玉菌の代表格なのが「乳酸菌」と「ビフィズス菌」です。

乳酸菌

日常生活でも馴染みのある乳酸菌は、便通を促進し免疫力を高める効果があり、発酵食品に多く含まれています。

植物性の乳酸菌
味噌や醤油、キムチ、漬物などに含まれており、生きたまま腸に届きます。

動物性の乳酸菌
ヨーグルトやチーズ、牛乳などに含まれています。

これらは、胃酸や消化液によって腸に到達する前に死滅しやすいのですが、死滅した動物性乳酸菌の死骸にも大腸内で善玉菌を助けたり、植物性乳酸菌の働きを補助する効果があるのです。
『特定保健用食品』のヨーグルトなら、菌が腸まで届いて定着するので、一押しです。

ビフィズス菌

腸内環境を整える力が強いビフィズス菌。
ビフィズス菌は、強い殺菌力があり、悪玉菌の増殖を抑えるだけでなく、腸のぜん動運動を活発にするので便秘を予防する効果も。
元々は体内に存在する菌ですが、年齢と共に減少していきます。

このビフィズス菌を増やすには、生きたビフィズス菌が含まれた食品を摂らなければなりません。
ヨーグルトに必ず含まれているイメージですが、ビフィズス菌入りと銘打った商品にしか入っていないので、気をつけましょう。

また、ビフィズス菌は増殖と死滅を繰り返しながら、一週間で体外に排出されるといわれているので、定期的に摂取することを心がけて。

先述している通り脂っぽい食事ではなく、和食中心の食生活は、善玉菌を増やし臭いの元を作らせません
お味噌汁にお漬物、魚の麹漬けなど、和食には発酵食品が多く使われており、知らず知らずの内に善玉菌を摂取しています。納豆はそれ自体が善玉菌ともいわれていますしね。

その他、オリゴ糖や食物繊維も善玉菌の働きを助けてくれるので、積極的に取り入れてみましょう。

口臭対策におすすめの乳酸菌入りサプリランキングはこちら>>

まとめ~ニオイの原因を元から断つ!手軽に摂取できるヨーグルトで口臭予防しよう!

毎日乳酸菌とビフィズス菌入りのヨーグルトを食べて、腸内からの口臭予防をしませんか?
口臭スプレーや清涼タブレットでごまかすのはもうおしまい。上辺を繕う口臭ケアをやめて、体の内側から根本的に解決しましょう。

腸内環境は人それぞれで、住んでいる菌や自分の腸内で活躍する菌も違ってきます。
善玉菌の乳酸菌やビフィズス菌と一言でいっても、たくさんの種類があり、自分に合った善玉菌を見つけることが大切です。
せっかく摂取しても体に合わない菌は体外に排出されてしまいます。
二週間程度同じヨーグルトや乳飲料、サプリメントを試して、自分の便やお腹の調子と照らし合わせてみてください。便通が良くなったり臭いが減少しているならば、自分に合った善玉菌が含まれている食品ということに。

もちろんヨーグルトだけ食べていれば良いというものではなく、腸を疲れさせる暴飲暴食はNGですし、和食中心の三食バランスの良い食事をすることで、腸内環境が整うのです。

これから先長く付き合っていく自分に合った善玉菌は、口臭改善だけでなく、健康へのパートナーになること間違いなしです。
バリエーション豊富においしく食べられるヨーグルト生活で、腸内環境を見直し、口臭で失った自信を取り戻しましょう。

乳酸菌をしっかり配合のおすすめ口臭対策サプリ「臭ピタッ!」

臭ピタッ!(AIJ)

臭ピタッ!は体臭や口臭が気になる人のための、ニオイのもとからリフレッシュするサプリメント。
森に備わるリフレッシュ作用「フィトンチッド効果」に着目し、ヒノキの葉や熊笹、シソの葉などさまざまな植物の葉の成分を独自技術によりブレンド。
3倍濃縮だから1日1粒でOKなのも手軽でうれしいポイントです。

◆臭ピタッ!の詳細はこちら>>

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ