扁桃炎と勘違いしないで!バセドウ病の初期症状と扁桃腺の違い

体調不良に伴って、のどが腫れてくることはよくある症状です。
のどの痛みをきっかけに体調が崩れてくる人も多いでしょう。
ひとことでのどといっても、その構造は複雑です。
のどは空気や食べたものの通り道であると同時に、声を出す器官でもあり、さまざまな役割を担っている需要な部位なのです。

のどが腫れて痛い!どんな原因が考えられる?

腫れの症状があっても、それが現れてくる場所はさまざまです。
のどの入り口には粘膜があり、その下に扁桃腺があります。
そしてさらに下には声帯があり、喉仏の下あたりには蝶々が羽を広げたような形の甲状腺があります。
のどの異変としては、
・扁桃腺が腫れる
・声帯が腫れて声が出なくなる
・甲状腺が腫れる

といった症状が比較的よくみられます。

のどが腫れる原因は、ウイルスや細菌などの外的の侵入がポピュラーなものです。
のどは粘膜で守られ健康を保っていますが、ウィルスや細菌などに感染すると、そこに炎症が起こります。
炎症自体は悪いものではなく、体を守ろうとする防御反応によって起きるものです。
炎症が起きるとその部分の血管は拡張され血液量が増えるとともに、リンパ液が集まり膨張し、熱を持ったり痛くなったりします。
この状態を「のどの腫れ」と呼んでいます。

のどが腫れる原因は、細菌やウイルスによる感染のほかに、のどの酷使、アルコールやタバコなどの刺激物、空気の乾燥、熱い飲み物や煙によるやけどなどがあげられます。
そのほかにも、免疫機能に異常が生じ自らの細胞を攻撃し、のどに炎症が起きていることもあります。

扁桃炎ってどんな病気なの?

喉に腫れを起こす病気として多いものに扁桃炎があります。
のどの奥の左右にある扁桃にウィルスや細菌が感染し、腫れる病気です。

扁桃が腫れると熱を持ち、うみが出ることもあります。
唾を飲み込んだり水分を摂ったりするときに、強く痛みつらさを感じることも。

細菌が原因の場合は、抗生物質の投与などを行いながら、安静にし回復を待ちます。
何度も扁桃炎を起こす場合は、扁桃の除去をすすめられることもあります。

バセドウ病ってどんな病気なの?

のどの腫れの原因のひとつに、バセドウ病による甲状腺の腫れがあります。
バセドウ病とは、自分の免疫が甲状腺を攻撃することにより、甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。

甲状腺ホルモンが過剰になると新陳代謝が盛んになりすぎ、疲れやだるさ・発汗・脈拍上昇・動悸などの症状が出てきます。
そしてのどにある甲状腺の腫れを感じることも。
のどの一部が腫れるというより、喉元が太くなってくるという表現が適切です。

甲状腺はもともと柔らかく、触ってもなかなか指に形が触れることはありません。
ですがバセドウ病により甲状腺が腫れてくると、甲状腺の部分が羽を広げた蝶々のように盛り上がってきます。
なんだか最近首が太くなってきた、首を動かすとなんだか突っ張るなどと感じる場合は注意が必要です。

のどの炎症は扁桃腺炎じゃないかも?他の症状も合わせて診断してもらおう

のどが腫れていると感じても、最初は「風邪をひいたかな」「いつもの扁桃腺かな」などと考えてしまいがちです。
実際にそうであれば問題ありませんが、バセドウ病の初期症状である「首が腫れてくる」という症状である可能性は否定できません。

扁桃炎の場合はのどに痛みが生じ、熱が出ることが多いですが、バセドウ病による首の腫れには痛みを伴わないことも多くあります。
つばを飲み込んだり食事をしてもさほど痛くないけれど、首が太くなってきたと感じる場合は、扁桃腺だと思い込まず、医師の診察を受けてみることをおすすめします。
のどの腫れ以外に、疲れやすくなった・汗をかくようになったなどという体調の変化があれば、こちらもあわせて医師に申し出るようにしましょう。

普段から扁桃腺からくる熱が出やすい人は、のどが腫れてもあまり大仰に考えることはないもの。
ですが扁桃炎でない場合もありますから、自己判断はやめて専門家の指示をあおぐのがやはり安心なのです。

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ