子どもの口臭が気になる!虫歯や歯肉炎が心配だけど、口腔内の乾燥の可能性も

ふとした瞬間に子どもの口の臭いが気になることはありませんか?子どもと口臭とは結びつかないような気がしますが、子どもにも口臭はあるのです。

子どもの口臭に気づくのは、身近にいる家族や幼稚園、保育園、学校などのお友達がきっかけになります。子ども同士は、大人と違い遠慮なくはっきりとものを言うことがありますよね。お友達に「口が臭い」と言われてしまうこともあるかもしれません。また、いくら家族でも気にしている口臭をきつく指摘されたら傷つきます。

そうなると、大人と同じく子ども同士でもコミュニケーションの妨げになってしまい、多少なりとも傷つき、内向的になる可能性もあります。

子どもの口臭問題は、本人は気づいていない場合も多いですが、口臭に気づいたら子どもだからと放っておかずに早い段階で親が介入し、対処することが必要です。
子どもにとってもデリケートな口臭問題。その原因と対処法をご紹介しましょう。

子どもの口臭を引き起こす気になる原因は?

子どもの口臭の原因は、やはり虫歯?と一番に考えてしまいますよね?口臭の原因は子どもも様々ですが、原因を断ち切ることで口臭は無くなります。
口臭の原因は何なのか、なぜ原因ができるのか、その直接的要因だけでなく、その原因を招く生活習慣にも間接的要因があるのです。

口臭の原因①虫歯

虫歯が進行すると、歯が溶けて発酵したり、歯の神経を腐らたりして異臭を放ち口臭となります。

歯磨き不足
歯磨きをきちんとしていないことで、食べ物のカスが歯の間に残り口臭の原因に。また、食べ物のカスが残ることで、雑菌が増殖し虫歯になります。

口呼吸
口でばかり呼吸をすると、空気中に浮遊している雑菌が口に入りやすくなり、虫歯を生み出します。

口臭の原因②歯肉炎

歯茎が虫歯菌にむしばまれて、歯茎が腫れたり、膿が出たりして異臭を放ち口臭となります。
歯磨きをしていると、歯茎から出血していませんか?歯茎からの出血は、歯周病の一歩手前の歯肉炎です。大人がなりがちな歯周病ですが、子どもには歯周病の初期段階の歯肉炎が見られることが。

プラーク
プラークとは、歯磨きの磨き残しが石のように歯にへばりついてしまった歯石のことです。歯磨きではなかなか取ることができずに、歯医者さんで取ってもらわないといけないくらい固くへばりついている歯石が歯肉炎を引き起こし、歯茎が膿んでしまい、口臭の原因になります。

口臭の原因③口腔内の乾燥

口の中が乾燥すると、細菌が繁殖し口臭の原因になるのです。実は虫歯や歯肉炎を引き起こす要因の一つが乾燥でもあるのですよ。
では、口腔内が乾燥する原因について挙げてみましょう。

口呼吸
現代っ子は食生活の軟食化や姿勢の悪さから口の筋肉が衰え、鼻呼吸せずに口で呼吸しがちです。口の筋肉がないと、自然に口が開いてしまいます。口でばかり呼吸をすると、口腔内が乾燥し菌が繁殖しやすくなり、口臭の原因に。

鼻づまり
鼻がつまっていると、どうしても口で呼吸してしまうようになります。慢性的に鼻がつまっていると口呼吸が当たり前になり、鼻づまりでない時も常に口呼吸になってしまします。そうなると、口腔内は常に乾燥し、ウィルスが入ってきたら乾燥によりどんどん繁殖し、口臭だけでなく、病気の温床にもなってしまうのです。

咀嚼回数の低下
食文化の欧米化が進んでいる今、現代っ子はパスタやパンなどの柔らかい食べ物を好み、従来の日本食を好んで食べる子どもは少なくなってきました。
柔らかくすぐに飲み込める食事をしていると、自然に食べ物を噛む回数が減ります。咀嚼回数が減ると、十分な量の唾液が分泌されなくなり、口腔内の様々な雑菌を洗い流すことができなくなります。よって、口腔内も乾燥し菌が繁殖してしまう結果に。

合わせて読みたい↓↓

口臭の原因はもしかして病気?根本から改善するための方法をご紹介>>

原因が判れば解決できる!子どもの口臭解消法と予防対策

口臭の原因が解れば、自ずと対策も立てることができますよね。ただし、子どもの口臭対策には、どうしても親が関わらなければなりません。
親が子どもと一緒に口臭を解決できるよう口臭の解消法と、口臭を未然に防ぐ予防対策をご紹介しましょう。

歯磨きの徹底

食事やおやつの後には歯磨きをする習慣を身につけましょう。また小学生までの子どもは、磨き残しのある可能性があるので、隅々まで仕上げ磨きを施してあげましょう。
デンタルフロスや歯間ブラシなどで、歯茎を傷つけないように歯と歯の間もきれいに磨いてあげましょう。

間食は決まった時間に

だらだらといつまでも食べることを止め、おやつの時間はきっちりと決めることが大切です。
常に口の中に食べ物がある状態は、口腔内が清潔な状態である時間が少なくなり虫歯の温床になってしまうので、それを避けるためには間食も時間を決め、ながら食べをすることがないように注意をしましょう。

食生活の見直し

昔からの日本食は一汁三菜が基本であり、まんべんなく栄養が摂れる上にしっかりと噛んで食べる素材のものが多く含まれていました。
全てを日本食にということでなく、そういった日本食の良いところを今の食事に取り入れて、咀嚼回数が多くなる食事を心掛けましょう。
咀嚼回数が増えると、唾液の分泌が増え、口腔内を清潔に保つことができるばかりでなく、口の筋肉を鍛え口呼吸も直ります。

口呼吸を直す

口の筋肉を鍛えて、口呼吸を直しましょう。
日常に口を閉じたままシュガーレスガムを噛んだり、風船をふくらましたりして口の筋肉を使ってトレーニングしましょう。

インフルエンザが流行った時に小学校や幼稚園で流行った口の体操『あいうべ体操』が効果的です。
①大きな口を開けて、「あ」「い」「う」と一文字一文字はっきりと大きな声で発音します。
②最後に「べー」と舌を思いっきり出します。
③何回か繰り返します。

一日一回楽しみながら子どもと一緒にやってみましょう。

姿勢を良くする

背中が丸まっていたり、お腹を突き出している姿勢は、口をポカンと開ける原因になります。正しい姿勢は、内蔵機能をも正常化するので、口腔内が乾燥するのも間接的に防ぐことになります。

鼻づまりを治す

鼻の通りを良くして鼻呼吸できるようになれば、口呼吸も減っていきます。風邪など一過性の鼻づまりならば、その原因の症状が治れば鼻づまりも治ります。

慢性的な鼻づまりがあれば、耳鼻科を受診し早めに治療を受けるようにしましょう。
鼻づまりの症状が長いと、口呼吸が癖になっている場合があるので、口を閉じて鼻呼吸をする練習をしましょう。上記『あいうべ体操』が効果的です。

水分補給

睡眠中は、コップ1杯分の水分が失われているので、体は水分を欲しています。寝起きの朝には口臭も感じられると思うので、まずは就寝中に増殖している口腔内の雑菌をうがいで洗い流してから、コップ1杯の水を飲むようにしましょう。

また、普段から水分をこまめに摂ると、口腔内の乾燥を防ぐとともに、雑菌を洗い流すことにもなり、一石二鳥です。

口臭対策におすすめの乳酸菌入りサプリメントはこちら>>

まとめ~子どもの口臭対策は親の仕事。親が正しい理解をし適切な対処を!

子どもの口が少しくらい臭いからといって気にならない方もいるかもしれません。もしかしたら直前に臭いのきつい物を食べただけかもしれませんから、まずは口臭が一過性のものかどうかを判断しましょう。

神経質になりすぎることはありませんが、一過性のものでないのなら、子どもの口臭は何らかの不調のサインと受け取っても良いかもしれません。

子どもが自分の口臭を気にしても気にしなくても、対処ができるのは親である私たちです。
親のものさしで決めつけずに、子どもに寄り添ってこの口臭問題を考えてみましょう。

原因が解ったら、一緒に解決に導いてあげましょう。案外簡単に解決できるかもしれませんしね。

ただし、上記の対策をしても解決が見られない場合は、病的原因も考えられるので病院へ相談しに行きましょう。

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ