自律神経失調症対策ならローヤルゼリー!イライラや不眠も解消する救世主

原因は分からないのに、めまいや頭痛に悩まされたり、イライラしたりすることがあると思います。
それは、もしかしたら自律神経失調症かもしれません。
その自律神経失調症に効果を発揮してくれる成分がローヤルゼリーには含まれているので、今回はそれを紹介したいと思います。

自律神経失調症とは?

人は、自律神経が上手く機能していることで生きています。
その自律神経のバランスが崩れてしまうと、体や心にいろいろな悪影響が起こってしまいます。
この状態のことを「自律神経失調症」といいます。

自律神経とは、呼吸・消化・代謝などを行うときに働く神経のことです。
人間の身体には、
自分で意識して動かすことができる
 手、足など。

自分の意志では動かすことができない
 心臓、胃腸など。
の2つの部分が存在します。

このうちの、「自分の意志では動かすことができない」部分の調整を行ってくれているのが、自律神経です。
心臓や胃腸などの人間が生きていくために必須である大切な器官は、自律神経によってコントロールされているのです。

他にも、体温をその時の状態にあった温度に調節してくれたりもしています。
このように重要な働きをもつ自律神経のバランスが崩れてしまうと、人間の体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

自律神経失調症にはどんな症状があるのか?治療はどうやって行うのか?

自律神経というのは、身体的にも精神的にも、さまざまな部分の調整を行っている神経です。
なので、その自律神経のバランスが崩れてしまうということは、その調整している全ての部分に症状が起こる可能性に繋がります。
引き起こされる症状としては、

身体的な症状
頭痛、めまい、動悸、息切れ、吐き気、便秘・下痢、手足のしびれ など。

精神的な症状
疲労感、イライラ、不眠、不安感、うつ状態 など。

などの、身体的・精神的なものになります。

治療方法としては、薬物療法や精神療法が挙げられます。
自律神経失調症というのは、明確な原因を特定することは難しい病気です。
なので、その人によって治療法を考え、行っていく必要があります。

自律神経失調症を引き起こす「自律神経のバランス」の乱れとは?

自律神経というのは、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。
簡単に言うと、交感神経は起きている時、副交感神経は寝ている時に働いている自律神経です。
例えば、
活発的に運動する時
交感神経を強く、副交感神経を弱く

休んだり寝たりする時
交感神経を弱く、副交感神経を強く

このように働かせることで、生活に必要な活動をコントロールしています。
この2つの自律神経は、一日中ずっと、その時々に合わせたバランスを調整しながら働いているのです。
その自律神経のバランスが乱れてしまうと、自律神経失調症になってしまいます。

自律神経失調症を引き起こすのは自律神経のバランスが崩れてしまうことだと紹介しましたが、その自律神経のバランスの乱れを引き起こす原因となるものには、次のようなものがあります。
・ストレスを感じている
・生活が不規則になっている
・女性ホルモンが少なくなっている
・加齢 など。

なので、自律神経失調症は、誰にでも起こる可能性がある病気だといえます。

ローヤルゼリーには、多種多様な効果を持った、たくさんの栄養素が含まれています。
その中に、自律神経のバランスを整えるために効果的な栄養素があるのです。
その栄養素である、アセチルコリン・デセン酸・ビタミンB群を紹介します。

デセン酸の女性ホルモン様作用!

デセン酸とは、ローヤルゼリーにしか含まれていない特有成分のことで、別名ローヤルゼリー酸ともいわれています。
このデセン酸にはさまざまな効果があり、例えば次のようなものがあります。
・コレステロール値を下げる
・インスリンと似た働きで、血糖値を下げる
・血圧を正常に保つ
・ガンを抑制する
・免疫力をあげる など。

そして、その多くの効果のうちのひとつが「女性ホルモン様作用」です。
女性ホルモン様作用とは、その名の通り、女性ホルモンとよく似た働きを行うということです。

女性は、加齢とともに女性ホルモンの分泌量が低下していきます。
さらに更年期になると、急激に女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。
すると、それによって自律神経のバランスが乱れてしまうのです。

つまり、その減ってしまった女性ホルモンを別のもので補うことができれば、自律神経のバランスを乱さずに済みます。
その女性ホルモンの代行となってくれるのが、デセン酸の女性ホルモン様作用です。
デセン酸が自律神経のバランスの乱れを防いでくれ、それによって自律神経失調症を予防できるのです。
女性ホルモンについては『更年期の負担を軽減するローヤルゼリーの力の秘密』でも紹介しているので、参考にしてみてください。

ストレスは、自律神経失調症を引き起こす!

人は、ストレスを感じると、ストレスホルモンと呼ばれるものを分泌します。
すると、このストレスホルモンが、自律神経のバランスを崩してしまい、自律神経失調症へと繋がります。
自律神経失調症になっている人のうち、約半分の人達が強いストレスを抱え込んでしまっています。
これは、ストレスが原因で自律神経失調症になっている人に加えて、自律神経失調症が原因でストレスに悩まされている人も多くいるからのようです。
なので、自律神経失調症にならないように、そして、抱え込んでいるストレスを少しでも緩和するために、ストレスから心を守ることが大切だといえます。

リラックス効果のある、アセチルコリン!

アセチルコリンとは、神経伝達物質のひとつです。
いつもは、自律神経のひとつである副交感神経を調整することで、自律神経のバランスを整えてくれています。
なので、アセチルコリンが足りなくなってしまうと、交感神経が強く・副交感神経が弱くなり、休みたい時に休めないような状態に陥ってしまうのです。
アセチルコリンは、乱れてしまった自律神経のバランスを正常に戻し、体や心をリラックスさせてくれる効果があるといえます。

ストレスが発生するのを防ぐ、ビタミンB群!

ローヤルゼリーには、ビタミンB群がたくさん含まれています。
(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン、葉酸)
その中で、ストレス発生を防いでくれる効果をもつのが、ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸です。

ストレスを感じると、ストレスホルモンを分泌し、それが自律神経のバランスの乱れに繋がると紹介しました。
そのストレスホルモンを増やす物質(ドーパミン)の働きを抑えてくれる、ハッピーホルモンというものが存在します。
ビタミンB6には、そのハッピーホルモンを増やす働きがあります。
そして、ビタミンB12・葉酸は、ハッピーホルモンの材料となります。
つまり、このビタミンB群は、ハッピーホルモンを増やし、リラックス状態へと導いてくれる効果が期待できるのです。

このように、ローヤルゼリーを摂取することで、ストレスを緩和することができます。
そして、ストレスから自分を守る体をつくることもできるのです。
ストレスとローヤルゼリーについて『不安やストレスを解消し心の健康を維持してくれるローヤルゼリーパワー』でも紹介しているので、よかったら読んでみてください。

まとめ~ローヤルゼリーには自律神経失調症に対応できる効果がいっぱい!

自律神経失調症は、身体的にも精神的にも症状を引き起こしてしまいます。
ローヤルゼリーには、その原因となる自律神経のバランスの乱れを改善する成分が含まれています。
さらに、原因でもあり症状でもあるストレスを緩和してくれる成分もたくさん含まれています。
なので、自分の心や体を守るために、ローヤルゼリーをオススメします!

ローヤルゼリーサプリランキング>>

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ