歓送迎会シーズンに!ヘパリーゼやウコンの力にはどんな効果がある?

歓送迎会、忘年会、新年会、職場の打ち上げなど、さまざまな理由でお酒を飲む機会はありますね。

学校や職場関係以外にも、友達同士で楽しく食事をするときにも、お酒は欠かせないものになっています。

しかしついつい飲みすぎてしまうと、翌日お酒が残ってしまい、辛い二日酔いの症状に悩まされることもあります。

二日酔いや悪酔いをしないためにも、お酒をきちんとセーブできればいいのですが、場合によっては泥酔するまでお酒を飲んでしまうこともしばしば・・・。

できればお酒を飲んでも、二日酔いや悪酔いをしないために、事前に対策する方法がないのでしょうか?

ヘパリーゼはいつ飲むのがいい?ヘパリーゼの効果

二日酔い予防があるヘパリーゼは、ゼリア新薬から販売されているドリンクやサプリメント商品です。

ヘパリーゼはお酒を飲む前に飲むことで、悪酔いを防止することができます。

また二日酔いになった朝に飲むことで、飲まないときと比較して早く二日酔いの症状を治すことが可能です。

ヘパリーゼは肝臓に作用するように作られており、滋養強壮にも効果がありますので、
・夏の暑さで夏バテをした場合
・お酒の飲み過ぎによる食欲不振
・倦怠感を改善する効果

などがあります。

ヘパリーゼには、
・肝臓水解物
・ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン
・ゴミシ
・コンドロイチン硫酸ナトリウム

が配合されています。

肝臓水解物とは、動物の新鮮な肝臓を加水分解という手法によって、18種類以上のアミノ酸が凝縮されたものです。

特に、
・アラニン
・グルタミン
・メチオニン
・トリプトファン

が二日酔い対策に働きます。

ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンは、ビタミンB15とも呼ばれており、肝臓の働きをサポートしたり、傷ついてしまった肝臓を再生する効果があります。

ゴミンは、肝臓の働きをサポートする効果があり、体の水分代謝を正常にするので、二日酔いで下痢をしやすい人におすすめです。

コンドロイチン硫酸ナトリウムは、海藻や山芋に多い栄養素です。
二日酔いによって起こる疲労やだるさを改善してくれます。

ヘパリーゼは、飲酒前も二日酔いになってからも飲めるので、お酒を飲むときにはぜひ用意しておきたいですね。

ウコンの力を飲むと二日酔いになりにくい?その理由

二日酔い予防にいいといわれる「ウコン

飲み会の前に、「ウコンの力」を飲む人も多いのではないでしょうか?

ウコンには体内に入ったアルコールを、肝臓で分解する能力を高める効果があります。

二日酔い対策にいいといわれているウコンの力には、「秋ウコン」に多く含まれているクルクミンが配合されています。

そもそもウコンには「春」「秋」「紫」の3種類があるのですが、クルクミンの成分が一番多いのが秋ウコンであり、肝臓の解毒機能の強化、胆汁の分泌を促進する作用があるのです。

ウコンを飲むことで、二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」を分解させる能力も、約50%上昇します。

ウコンの力を飲むタイミングは、飲酒前後どちらでもかまいません。

二日酔いを防ぎたいと考えているのであれば、アルコールを飲んだあとに飲むことをおすすめします。

飲酒後は肝臓の働きも活発化しているため、ウコンの力を飲むことで肝臓の負担を軽減することが可能だからです。

ヘパリーゼvsウコンの力!その使い分けを検証

『ヘパリーゼはいつ飲むのがいい?ヘパリーゼの効果』と「ウコンの力を飲むと二日酔いになりにくい?その理由」で、どちらも二日酔いに効果があることがよくわかりました。

・ヘパリーゼ
ヘパリーゼは主にドラッグストアで販売されており、第3医薬品に該当しています。
そのため肝機能の治療や、予防を目的とした薬になります。

ただし3つに分類される医薬品の中でも、最も安全とされる第3医薬品になりますので、副作用の心配はほとんどありません。

・ウコンの力
ウコンの力は、コンビニやスーパーなどで販売されており、清涼飲料水に該当します。

ウコンの力には、さまざまな要望に応える形で味に工夫がされており、女性向けの「カシス味ウコンの力」なども販売されていますね。

ヘパリーゼと違って、コンビニで取り扱いがあるので、飲み会で遅くなったときでも簡単に購入できるメリットがあります。

ただし生薬であるウコンの場合、飲み会のときだけウコンの力を飲むという方法では、100%効果を発揮することはむずかしいです。

本来生薬というものは、継続して飲み続けることで初めて初めて100%の効果を発揮するものだからです。

その反面ヘパリーゼの場合は、医薬品になりますので、確実に二日酔い対策をしたいと考える人にはおすすめです。

・総合的な二日酔い対策
ヘパリーゼ

・飲み会が続いたり、体力がない、アルコールの分解力が弱いと感じている人
数日間ウコンの力

を飲むのがいいでしょう。
どちらもアルコールに対する効力はありますから、お酒を飲むときの体調やタイミングを考えて使い分けるのがいいですね。

まとめ~肝臓をいたわるためにもウコンやヘパリーゼを利用~

肝臓はストレスや運動不足が原因で、弱りやすいデリケートな臓器です。

そこに飲み会が続くと肝臓の負担は大きくなり、二日酔いや悪酔いをしやすい状態になってしまいます。

しかしストレスも運動不足も現代人の多くが抱えている問題ですし、仕事をしているとどうしても飲み会は切っても切れないものです。

常に頑張ってくれている肝臓を労わるためにも、飲酒で負担をかける前に「ヘパリーゼ」や「ウコンの力」を飲んで、肝臓をサポートできる環境づくりは非常に大事です。

自分の飲むペース等を考えて、この2つを上手く使い分けることで、これから続く飲み会対策はばっちりになりますよ!

関連記事

人気のキーワード

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ