関節リウマチは早期発見で治療で痛みも変形も改善できる

関節リウマチは膠原病(全身性結合織病)の一つです。
全身の結合組織が侵される自己免疫疾患で、免疫の異常に関節に腫れや痛みが生じ、放っておくと関節が変形してしまう病気で、現在日本では70~100万人の患者さんがいると言われています。

関節リウマチの特徴は、男女比が1対4と圧倒的に女性が多く、40代の女性が最も多く発症していることと、左右対称に全身の関節に腫れや痛みが生じること、関節の破壊は発症2年以内に最も進行するということです。

明確な原因はまだ分かっていない病気ですが、かつては難病と言われていた関節リウマチも、治療薬が進歩したことで症状が出ない状態を維持できる(寛解)人が増えてきていますので、早期に治療を開始することが大切です。

関節リウマチのような自己免疫疾患(例:甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、慢性甲状腺炎(橋本病)、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、原発性胆汁性肝硬変、重症筋無力症、溶血性貧血など)は女性に多くみられるのが特徴で、女性ホルモン・妊娠・出産が大きく関係していると言われています。

子供を産むという機能がある女性は男性よりも免疫力(細菌やウイルスなどを無害化してくれる免疫システム)が強く、女性ホルモンには自己免疫反応を高める働きがあります。
でも、妊娠中は赤ちゃんを異物と認識し攻撃しないよう副腎皮質ステロイドホルモンが増え免疫機能が抑制され、出産後にはその抑制は解除され反動で一時的に免疫の働きが高まるため自己免疫疾患が起こりやすい時期とも言われています。

関節リウマチの原因はまだ完全には分かっていません。

細菌やウイルスなどを無害化してくれる免疫システムが異常を起こし、関節を守る組織や骨、軟骨を外敵とみなして攻撃してしまうということが分かっています。

また、発病には遺伝による体質が関係することも分かっています。
3親等以内の発症率は30%以上、一卵性双生児の場合は兄弟の発症率は10%~30%程度となっていますが、病気そのものが遺伝するわけではありません。

関節リウマチが起こる仕組み

1・ウイルス感染などをきっかけに免疫異常が生じ関節に炎症が起こる。
↓↓

2・関節の滑膜に炎症が起き滑膜が異常に増殖し、関節腔に関節液がたまり腫れや痛みを発症する。
↓↓

3・免疫反応を調節するサイトカインが過剰に作られ炎症の悪化や関節の破壊を促進する。
↓↓

4・滑膜組織がさらに増殖し軟骨や骨が破壊され、関節が変形しその機能を失う。

関節の腫れや痛み、こわばり、軽い貧血、血液の異常などが起こります。

指の第2関節や第3関節と手首に出ることが多く、左右対称に複数の関節が慢性的に腫れて痛むのが特徴です。

炎症が続くと小指のほうに曲がって変形し、軟骨や骨が壊れて変形し可動域が狭くなります。

関節以外の症状

皮下結節(リウマトイド結節)

関節リウマチの1~2割の患者さんに見られる症状で、骨が出っ張って外部から圧迫されやすい部分(ひじやひざの関節の外側、かかと、アキレス腱、後頭部など)に、痛みのないこぶ状のしこりができることがあります。

だるさ・疲労感などの全身症状

全身にだるさや疲労感が出ることがあり、微熱が出たり、食欲がなくなり、体重が減少することもあります。

貧血

関節リウマチの6割以上の患者さんに軽度~中程度の貧血症状が見られます。

肺の炎症

血管の炎症から間質性肺炎を発症し、息切れや呼吸困難を起こすことがあり、進行すると肺線維症となり肺機能が急激に低下してしまいます。
気管支や胸膜にも炎症が起こることがあります。

目の炎症(上強膜炎・強膜炎)

白目の部分である強膜に炎症が起こり、毛細血管が広がって充血し、症状が進むと痛みや視力障害を発症します。

血管の炎症(リウマトイド血管炎)

血管の炎症によって全身に酸素や栄養が十分に行き渡らなくなり、発熱や心筋炎、胸膜炎、皮膚の潰瘍、神経のしびれや痛みなど、全身にさまざまな障害が起こることがあります。

血管の炎症が重い悪性関節リウマチは、国に難病指定されていて関節リウマチ全体の0.7~1%の発症率となっています。

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群は膠原病の一つで、涙を分泌する涙腺、唾液を分泌する唾液腺に炎症が起こり、眼球乾燥症(ドライアイ)や口腔乾燥症(ドライマウス)を起こす自己免疫疾患です。

関節リウマチの約2割の患者さんがシェーグレン症候群を併発し、男女比は1:14と圧倒的に女性に多く発症します。

二次性アミロイドーシス

関節リウマチの約2割の患者さんが併発しているアミロイドーシスは、関節リウマチの死因の3位になっています。

アミロイドーシスは、関節リウマチの悪化と比例して血液中に炎症反応物質(アミロイドAというタンパク質)が作られ、さまざまな臓器に沈着して発症します。
消化管と腎臓に沈着しやすく、消化器症状では、
・便秘と下痢を繰り返す
・吐き気
・腹部膨張感
・満腹感
などが多く、腎臓症状では、
・ネフローゼ症候群(顔や足のむくみ)
・蛋白尿
進行すると腎機能低下をきたして腎不全の原因となり循環器症状では、
・不整脈
・心臓の肥大
・心筋虚血、進行すると心不全の原因
となります。

橋本病

橋本病は甲状腺の機能が悪くなる自己免疫疾患で、関節リウマチの約1割の患者さんが併発しています。
同じ甲状腺の病気のバセドウ病(甲状腺機能元進症)を併発することはほぼありません。

骨粗しょう症

関節リウマチの合併症で一番多いのが骨粗しょう症で全体の約4~5割の患者さんが発症しています。
炎症性サイトカインが増殖することでリウマチを悪化させ、骨粗鬆症が起こりやすくなります。
また、関節リウマチの治療に使われるステロイドの副作用として骨粗鬆症が起こることもあります。

小児(16歳未満)に発症する原因不明の関節リウマチで、16歳以下で発病する慢性の関節炎の中では最も多い病気です。
年間の発症率は10万人に1人で女児に多いのが特徴です。
全身型、関節型、症候性慢性関節炎の3つのタイプに分かれていて、その割合は4割、2割、3割となっています。

全身性(スチル病)

突発的な高熱、関節の痛みやこわばり、リウマトイド疹と呼ばれる発疹が主な症状で、発症年齢のピークは1~3歳と9~12歳。

このうち約1割がマクロファージ活性化症候群という合併症を併発し、放置していると血管内皮や臓器細胞の障害、播種性血管内凝固症候群の進行から多臓器不全の原因となります。

少関節型

異常がみられる関節の数が4か所以下で、関節炎は膝や足などの大きな関節で始まります。
抗核抗体という検査で陽性の場合は、ぶどう膜炎という目の病気も併発しやすいので、定期的な眼科での検診が必要です。

多関節発症型

異常がみられる関節の数が5か所以上で、微熱、倦怠感、食欲不振などの全身症状をともない、症状は大人の関節リウマチとほぼ同じです。

生活習慣を見直す
・ストレスをためない
・禁煙
・安静にしすぎない
・関節を冷やさない
・バランスの良い食事
・関節に負担をかけない動作

牡蠣

牡蠣に豊富に含まれる亜鉛が関節の細胞や組織の働きを円滑にし、免疫を高め関節リウマチを予防・改善します。

その他の食べ物
赤身肉・うなぎ・魚介類・豆類・そば粉

アセロラ

ビタミンC
関節の結合組織にあるコラーゲンの働きを高める作用と痛みを抑制するステロイドホルモンの分泌を活性化し、関節リウマチを予防・改善します。

その他の食べ物
グァバ・いちご・みかん・柿・キウイ・赤ピーマン

さば

サバに含まれる良質なEPAには抗炎症作用があります。
さらに関節の細胞や細胞膜を柔軟にして筋肉の動きを良くし、関節リウマチを予防・改善します。

その他の食べ物
いわし、さんま、ぶり、まぐろなどの青魚

みかん

みかんに多く含まれるビタミンP(ヘスペリジン)がビタミンCの吸収を良くし、痛みの抑制をサポートし関節リウマチを予防・改善します。

カレー

カレーなどに含まれるクルクミンの強力な抗酸化作用が、痛み物質の乳酸を除去する抗炎症作用によってリウマチによる痛みを緩和してくれます。

その他の食べ物
ウコン茶

牛乳や乳製品

骨や歯をつくる材料となるカルシウムで骨を丈夫に保つことで、関節リウマチによる骨粗鬆症を予防します。

その他の食べ物
昆布・大豆・するめ・いも類・トマトジュース・アボカド・かつお・バナナ・メロン・納豆

レバー

レバーに豊富に含まれている鉄分が赤血球量を増やし関節リウマチによる貧血を予防・改善します。

その他の食べ物
肉類・魚介類・海藻類・野菜類・きのこ類・大豆製品

えごま

えごまに多く含まれているα-リノレン酸は体内に取り入れられるとEPA・DHAへと代謝されるため、同じ効果を発揮し関節リウマチを予防・改善します。

その他の食べ物
しそ・えごま・緑の濃い野菜

アボカド

アボカドに含まれる豊富なカリウムはナトリウムの排出を促進して血圧を下げる作用や筋肉を正常に収縮する作用があるため、リウマチによる痛みを緩和し関節リウマチを予防・改善します。

食べるのを控えたほうがいい食品
・白砂糖やそれを含む食品や菓子類
・果糖の多い果物
・清涼飲料水

関連記事

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ