アトピー性皮膚炎の原因て何?症状によって治療法は変わる?

アトピー性皮膚炎とは、その名前の通り、皮膚の病気のことです。
代表的な特徴を挙げると、次の3つがあります。

1. 症状は、「とても強いかゆみを伴う湿疹(しっしん)」である。
 (湿疹:皮膚に起こった炎症性の変化のこと。)
2. 症状が「悪化→改善→悪化→改善」という風に、繰り返し起こる。
3. アトピー素因をもっている人が多い。
 (アトピー素因:その病気(今回の場合、アトピー性皮膚炎)にかかりやすい体質のこと。)

原因や症状は、人によってそれぞれ異なります。
一度かかると治りにくいといわれていますが、治らない難病なわけではありません。
自分の症状に合った適切な治療を行っていけば、いずれ治すことができる病気です。


アトピー性皮膚炎の症状は、「とても強いかゆみを伴う湿疹(しっしん)」だと紹介しました。
しかし、アトピー性皮膚炎には他にも症状があります。

アトピー性皮膚炎の主な症状

・強いかゆみを感じる。
・湿疹が出る。
 あらわれやすい場所:顔、首、肘、膝など。悪化すると全身に広がることもある。
・皮膚が乾燥する。
・痂皮(かひ)が起こる。
 (痂皮:かゆいところを爪などで掻くことで、皮膚に傷ができ、その場所がかさぶた状態になること。)

かゆみ→掻く→皮膚の悪化→かゆみ→… という悪循環に陥ってしまう。
子どもは、かゆみを我慢できない子が多いので、子どもに多くみられる。

これらの症状が「悪化→改善」という繰り返しを何度もし続けるのが、アトピー性皮膚炎の特徴です。

年齢別に起こるアトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状は、年齢によって、
・湿疹の状態
・皮膚の状態
・湿疹ができる場所
に特徴的な変化が起こります。

《乳児期》

・湿疹の状態
 ジュクジュクした湿疹。

・皮膚の状態
 赤いぶつぶつができる。

・湿疹ができる場所
 頭や顔(口の周り、頬など)。
 時間が経つと、首やワキなどに進行していく。

《幼小児期》

・湿疹の状態
 ザラザラした湿疹。

・皮膚の状態
 皮膚が乾燥する。

・湿疹ができる場所
 首、ワキ、手足の関節部分(肘、膝)。

・起こる可能性のある症状
 耳切れ:耳の付け根に湿疹ができ、あかぎれに似た症状が起こる

《思春期、成人期》

・湿疹の状態
 ゴワゴワした湿疹。

・皮膚の状態
 皮膚に黒ずみができる。

・湿疹ができる場所
 顔、首、胸、背中など。上半身に多い。

・起こる可能性のある症状
 何度も掻いてしまうことで、次のような症状が起こる。
 苔癬化(たいせんか):皮膚がゴワゴワと硬くなっていく。
 痒疹(ようしん):皮膚が硬く盛り上がってくる。

年齢別にみるアトピー性皮膚炎の有症率

アトピー性皮膚炎の症状は、年齢によって変化していきますが、では有症率はどうでしょうか。
アトピー性皮膚炎になる割合は、
・4ヶ月児 12.8%
・1歳半児 9.8%
・3歳児 13.2%
・小学1年生 11.8%
・小学6年生 10.6%
・大学1年生 8.2%

(参考:アトピー性皮膚炎の全国平均有症率(平成12~14年度)厚生労働科学研究疫学調査)

・20歳代 10.2%
・30歳代 9.0%
・40歳代 4.1%
・50~60歳代 2.4%

(参考:アトピー性皮膚炎の有症率(平成15~17年度)厚生労働科学研究疫学調査)

となっています。
年齢によって症状が変わっていくように、有症率も、歳を重ねるにつれて、少しずつ減少していく傾向にあるといえます。

アトピー性皮膚炎と間違いやすい病気について

皮膚の病気のなかには、症状が似ていることが原因で、アトピー性皮膚炎と間違ってしまう病気があります。
それをいくつか紹介します。

《蕁麻疹(じんましん)》

・症状
 ・突然強いかゆみがある。
 ・紅斑(こうはん)(皮膚が赤くなる。)
 ・膨疹(ぼうしん)(皮膚がデコボコと盛り上がる。)
 (数時間~1日で盛り上がったり戻ったりを繰り返す。)

・症状が出る場所
 全身。

・原因となるもの
 ストレス、寒冷や温熱、食べ物や薬のアレルギーなど。特定しにくい。

《接触皮膚炎(かぶれ)》

・症状
 かゆみ。発疹。

・症状が出る場所
 原因となる物質が触れたところ。(全身であり得る。)

・原因となるもの
 ほとんどの物質が、原因物質になる可能性がある。
 その原因物質に皮膚が触れると、その場所でアレルギー反応などが起こる。

《皮脂欠乏性皮膚炎》

・症状
 ・皮膚が乾燥する。
 ・下腿前面に、亀裂(亀甲模様)やシワができる。
 ・強いかゆみが出る場合もある。
 ・発症するのは、高齢者に多い。

・症状が出る場所
 全身。(多いのは、下腿前面、腰回りなど。)・原因となるもの
 老化など。

《帯状疱疹(たいじょうほうしん)》

・症状
 ・帯状の紅斑(皮膚が赤くなる。)が、狭い範囲にたくさん出る。
 ・強い痛みを感じる。

・症状が出る場所
 全身の左側、または右側のどちらか。

・原因となるもの
 水痘・帯状疱疹ウイルス。

《体部白癬(はくせん)(水虫)》

・症状
 ・とても強いかゆみ
 ・コイン状の紅斑(皮膚が赤くなる。)が時間が経つにつれて大きくなる。
 ・紅斑の周りの部分に赤いブツブツができる。

・症状が出る場所
 全身。(胸、背中、股間などに多い。)

・原因となるもの
 白癬菌(はくせんきん)(カビのひとつ)。

《慢性湿疹》

・症状
 突然、湿疹(紅斑や丘疹(きゅうしん)のあるもの)が発症し、持続する。
 (丘疹:大きさ1cm以下のものが、皮膚から高く盛り上がった状態のこと。)

・症状が出る場所
 全身。

・原因となるもの
 薬の副作用の場合もあるが、原因不明が多い。


アトピー性皮膚炎は、2つの原因が重なることで発症します。
それが、
「遺伝的・体質的な要因」+「環境的な要因」
です。
その2つを詳しく説明します。

遺伝的・体質的な要因

簡単にいうと、「アトピー体質」であることです。
『アトピー体質の原因となるもの』
(1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など。)がある。
(2)皮膚のバリア機能が弱い。
(3)アレルギー反応を起こしやすい。

皮膚のバリア機能とは

皮膚の一番外側にある「角層」は、皮膚を守る役割をしてくれています。
・皮膚の外から「皮膚を刺激するもの」や「アレルゲン(アレルギーの原因になるもの)」が入ってこないようにする。
・皮膚から外に水分が漏れ出てしまわないようにする。
といった働きをもっています。
この機能を、「皮膚のバリア機能」といいます。

皮膚のバリア機能が低下すると

水分が漏れ出るのを防いでくれているバリア機能が低下してしまうと、そこから水分が外へと漏れ出てしまい、皮膚が乾燥してしまいます。
そしてさらに、外からの刺激やアレルゲンを侵入させないようにしていた機能も低下し、刺激やアレルゲンが皮膚から入ってきてしまいます。
そうすると、皮膚に炎症が起こってしまうのです。
その炎症から起こる皮膚の病気のうちのひとつが、アトピー性皮膚炎です。

アレルギー反応を起こしやすい人とは

アレルギー反応を起こしやすい人は、(2)で紹介した「皮膚のバリア機能」がもともと弱い人です。
生まれつき肌を守る力が弱いため、炎症を起こしやすくなってしまうのです。
また、アレルギー反応に関係のあるIgE抗体を作りやすいという体質も、アトピー体質の原因になります。

環境的な要因

環境的な要因とは、アトピー体質を悪化させてしまう「悪化因子」のことをいいます。
皮膚のバリア機能の低下で、刺激やアレルゲンが入ってきやすくなり、そこから炎症が起こるのですが、その「刺激やアレルゲン」が「悪化因子」です。

『悪化因子の種類』
・アレルギー的因子(アレルゲン)
 食物、ダニ・ハウスダスト、細菌・真菌、花粉、外用薬など。
・非アレルギー的因子(皮膚への刺激)
 汗、乾燥、化学的刺激(スキンケア製品、化粧品など)、物理的刺激(かゆい場所を掻くなど)など。
・その他

ストレス、寝不足、過労など。

年齢によって変わるアトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は、症状と同様に、年齢によって変わっていきます。
症状が変化するのは、原因が変化することが理由ではないかとも考えられています。

≪2歳未満≫
食べ物、発汗、細菌・真菌など。

≪13歳以上≫
(2歳未満の原因)+ストレスなど。

子どもの有症率が多い理由

アトピー性皮膚炎の有症率は、大人になるにつれて減少していきます。
それには、子どもの皮膚の状態が関わっています。

「子どもの皮膚の状態」
・成人に比べて薄い。
・皮脂が少ないため、乾燥しやすい。
「皮脂の分泌量の変化」
~生後1ヶ月:皮脂の分泌量が多い。
 その後、一気に分泌量が減少していく。
 最後3ヶ月ぐらい~思春期:皮脂の分泌量がとても少ない。
 思春期~:分泌量が増加していく。
・角層の水分量が少ないため、乾燥しやすい。外からの刺激を受けやすい。 など。

アトピー性皮膚炎は、症状が繰り返し起こって、なかなか治りません。
しかし、最適な治療を行っていけば、いつか治ります。
そのための治療には、次の3つの治療法があります。
(1)薬による治療
(2)スキンケア
(3)悪化原因への対象

薬による治療

『塗り薬(外用療法)』
 (目的)
・炎症を抑える。(例:ステロイド外用薬、タクロリムス軟膏 など。)
・乾燥を防ぐ。(例:保湿薬 など。)

『飲み薬(内服療法)』
 (目的)
 ・かゆみを抑える。(例:抗ヒスタミン薬 など。)

スキンケア

スキンケアの目的は、皮膚のお手入れをすることで、皮膚のバリア機能を高めることです。
そして、皮膚を良い状態に保ち、炎症や乾燥を防ぎます。

スキンケアの役割
(1)皮膚を清潔に保つ。
汗、汚れ、アレルゲン、細菌などを取り去る。
(例)入浴、手洗い など。

(2)皮膚を保湿し、乾燥を防ぐ。
(1)を行った後、水分・油分を補う。
  ・皮膚に炎症がある場合:外用薬を塗る。
  ・皮膚に炎症がない場合:ドライスキンへの対処を行う。
   (ドライスキン:皮膚が乾いている状態のこと。)

「ドライスキンへの対処に使用すると良いもの」
・保湿剤が入っている医療用医薬品・一般用医薬品・スキンケア製品。
・保湿効果のある外用薬・クリーム・入浴剤。
・刺激の少ない石鹸やシャンプー。 など。

ここでひとつ、例としてスキンケアの方法を紹介したいと思います。

正しいスキンケア方法:お風呂編

「入浴」
・体を洗う時は、泡立てたボディソープ(石鹸)もしくは泡状のボディソープを使う。
・掻いたりしないように、素手で優しく洗っていく。
・洗い流す時は、汚れや泡をしっかり落とす。
・体を温めるとかゆみが増すので、温まり過ぎないように、できるだけ避ける。
 長時間お風呂に入らない、高温ではなくぬるめのお湯を使う、など。
・保湿成分が入っている入浴剤を使う。

「お風呂から出た後」
・タオルで優しく拭く。こすらない。
・優しく保湿剤を塗る。
 できれば肌が湿っている間に塗る。(入浴後5分以内ぐらいに。)
 できなければ、もう一度肌を少し湿らせてから行うと効果がある。
このように、正しい方法でスキンケアを行うことで、肌をより良い状態に保つことができます。

悪化原因への対策

薬による治療で行うのは、かゆみや乾燥を防ぐことです。
しかし、かゆみや乾燥を引き起こしている皮膚への刺激やアレルゲンを見つけ出し、除去することができれば、薬による治療を補助することができます。
そのために必要なのは、原因となっている刺激やアレルゲンの特定です。

アレルゲンかどうかの特定方法

・目に見える症状だけでは特定することは出来ないので、きちんと検査を行うべきである。
・検査の方法
 ・家族歴・既往歴の確認
 ・血液検査(IgE値、特異的IgE、好酸球数 など。)
 ・皮膚テスト(パッチテスト、皮内テスト、スクラッチテスト など。)

・治療に使用している薬、スキンケアに使用しているものなど、他の存在が原因となっていないかどうかも視野に入れながら検査を行う。
・悪化因子は、ひとつではなく、何種類もの悪化因子が重なって起こっていることが多いので、すべての可能性を考えて検査するべきである。

3つの治療法の他に行われているオーソモレキュラー栄養療法

病気の治療方法にはいろいろな治療法がありますが、そのなかのひとつに「オーソモレキュラー栄養療法」というものがあります。
この治療方法は、薬による治療のように炎症を抑えるのではなく、薬を使わずに栄養療法を行うことで、体を根本的に良くしていくことを目的としています。

「オーソモレキュラー栄養療法とは」
次の3つの方法を用いて、病気の状態を改善していく栄養療法のことを「オーソモレキュラー栄養療法」といいます。
1.栄養療法(栄養アプローチ)
2.血糖調節(食事コントロール)
3.高濃度ビタミンC(アスコルビン酸)点滴療法

人間にはもともと、自然治癒力(自分で治す力)が備わっています。
この自然治癒力を発揮するときに、より大きな力を出せるようにしてくれるのが「栄養素」です。
オーソモレキュラー栄養療法では、その栄養素の過不足を血液検査で測りとり、不足している栄養素をサプリメントなどを使って補います。
もちろん、その時には普段の食事バランスなどもきちんと考慮して行います。
栄養素を治療に用いることで、薬を飲まずに済み、また薬の副作用なども考える必要もなく、体に負担のかからない治療ができることが、このオーソモレキュラー栄養療法のよいところです。

「アトピー性皮膚炎に対する栄養療法」

・良質なタンパク質・脂質を中心とした食事にする。
・糖質制限を行う。
 (糖質制限を行う理由)
  アトピー性皮膚炎の人は、消化管粘膜が弱いため。
・血液検査からその人にとって必要な栄養素を判断し、食事を改善する。
・バランスの良い食事をとり、栄養を摂取する。
 ストレス改善に関係するような働きをもつ栄養素もあり、肌の健康にも繋がる。
・かゆみを抑えるため、脂質をバランス良く摂取する。
 普段私たちが摂取している脂質には、オメガ6系脂肪酸が多い。
 しかし、かゆみを抑えるためには、必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸が大切になる。
 そのため、この2つの脂質をバランス良く食べる必要がある。
・アトピー性皮膚炎の治療に必要不可欠な、「亜鉛」・「ビタミンA」を摂取する。

『亜鉛の必要性』
  ・亜鉛が不足すると、うつ傾向になってしまい、アトピー性皮膚炎の原因となる。
  ・皮膚の乾燥を防ぐことに役立つ。
   亜鉛は、新しい細胞をつくるための細胞分裂を行うときに必要になる。
   細胞分裂で皮膚の細胞を新しいものへとどんどん変えていくことで、新しくて状態の良い皮膚ができ、そのことで皮膚の乾燥を防ぐことができる。
  ・ビタミンA(アトピー性皮膚炎に大切な栄養素)が働くために、必要になる。

『ビタミンAの必要性』
  ・悪化した皮膚の改善を行う。
   皮膚の機能が低下すると、皮膚の弾力性が落ちたり、乾燥したりする。
   この低下した機能を良くすることで、皮膚を良い状態へと改善する。

『亜鉛・ビタミンAの過剰摂取への不安について』
  摂取量が分からずに、亜鉛やビタミンAを過剰に摂取してしまうのではないかという不安を持つ人もいる。
  しかし、このオーソモレキュラー栄養療法では、自分の栄養の状態を血液検査などの検査データから把握しながら栄養療法を行うため、不安に思うようなことは起こらない。

治療だけではなく、自分でアトピー性皮膚炎への対策を行うことも出来ます。
肌の保湿、肌の乾燥防止、原因となっているものの除去などを目的に、普段から気を付けていくと、アトピー性皮膚炎のセルフケアに繋がります。

セルフケアの方法

目的:保湿、肌の乾燥防止

・保湿剤や保湿効果のあるものを積極的に使用する。
・治療方法のひとつであるスキンケアを、正しく行う。 など。

目的:原因となるものの除去

・普段から室内を清潔にしておく。
 部屋、布団などの掃除。換気。 などをこまめに行う。
・衣服や絨毯などによる刺激を避ける。(羽毛、硬い繊維など。)
・汗をかいたら、すぐに拭く。すぐに洗い流す。
・ストレスを溜め込まない。
 自分なりにストレスを発散する方法を見つける。
・かゆみを出来るだけ我慢して、掻かないように心掛ける。 など

関連記事

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ