脳卒中を予防する生活習慣と食生活|脳梗塞に代表される脳血管疾患の恐ろしさ

みなさんは「脳卒中」と「脳梗塞」の違いがわかりますか?

脳卒中は、脳に血液が流れなくなることによって脳の神経細胞が壊死する病気全般を示す言葉です。
脳梗塞とは脳卒中の中の一つの症状のことを指します。

【脳卒中】

血管が詰まる 血管が破れる
脳梗塞
・脳血栓症
・脳塞栓症
・一過性脳虚血発作
脳出血
くも膜下出血

脳は多くの栄養と酸素を必要とする器官で、その栄養と酸素は動脈を流れる血液によって運ばれています。
この動脈が詰まったり破れたりすることによって脳への血流量が減ると、脳の神経に障害が起こり、半身の痺れや麻痺、言語障害といった症状が現れてしまいます。

脳卒中の恐ろしさ・・・

脳卒中の患者数は現在約150万人、毎年新たに25万人以上が発症しています。
脳卒中はがん、心臓病に次いで日本における死因の第3位で年間7万人が亡くなっています。
寝たきりになる原因の3割近くが脳卒中などの脳血管疾患です。

もしかして…こんなことありませんか?

・片方の手足や顔半分の麻痺や痺れが起こる
・ろれつが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない
・力はあるのに立ち上がれない、歩けない、ふらふらする
・片方の目が見えない、物が2つに見える、視野の半分が欠ける

これらは、脳卒中を早く見つけるポイントです。
ひとつでも当てはまってしまう場合は、生活習慣や食生活の見直しも必要ですが、できるだけ早く専門医に診察を受けてください。

高血圧

血管に対して非常に高い圧がかかることで血管壁が傷つき動脈硬化をもたらし脳卒中のリスクを上げます。

糖尿病

糖尿病は脳梗塞のリスクを2~3倍にしてしまいます。
長期間高血糖状態が続くことで血管壁が傷つき、さまざまな合併症を起こすだけでなく、動脈硬化を引き起こし脳卒中になりやすくなります。

脂質異常症

LDLコレステロールが増えたりHDLコレステロールが減ることで動脈硬化の進行を促進してしまいます。

不整脈(心房細動)

加齢とともに増える傾向にあり、心臓の中に血の塊ができ、それが脳の血管に流れ込んで詰まり脳卒中を起こしてしまいます。

喫煙

百害あって一利なし。

高血圧が脳卒中を起こす最大の危険因子ではありますが、いずれも生活習慣病に関わるものが多く、生活習慣や食生活を見直すことで未然に防ぐことは十分に可能です。

DHA・EPA

DHAは血液中の悪玉コレステロールの上昇を防ぎ、中性脂肪を低下させ動脈硬化を防ぐ働きがあります。
血液の粘度を下げて血流を良くする血液サラサラ効果が非常に高いのです。

EPAには、血管を柔らかく保ち、動脈硬化を防ぐ働きがあります。
これは血小板の凝固を抑える作用によるもので、血栓ができるのを予防してくれるのです。

脳卒中や心筋梗塞など血管性疾患に特に優れた効果を発揮します。

アリシン

増血作用と血行促進作用に優れたアリシンは、血液をサラサラにし末梢血管の拡張作用も手伝い血流を良くしてくれます。
また、強い抗酸化作用で血圧の上昇を抑制するために血管を強くしなやかに保ってくれます。

アリシンはにんにくに多く含まれる成分です。
特に細かくなればなるほど吸収力と即効性が増すので、すりおろしにんにやみじん切りがより効果を発揮します。

ナットウキナーゼ

血栓を溶かし血圧を下げる効果と、血中コレステロール値を改善します。
血液をサラサラに保つ効果もあるため、動脈硬化も防ぎ、心臓に余分な負担をかけることがなくなり、血圧も下げてくれます。

セサミン

ゴマセサミンの抗酸化作用で悪玉コレステロールを作らせない体質に導き、健康な血管を保ちます。
さらに血中の中性脂肪を抑えドロドロ血液を改善します。
血液の流れも良くなるので、血圧も下がって高血圧予防と改善にも働きます。

イソフラボン

大豆イソフラボンには「エストロゲン作用」と「抗エストロゲン作用」という相反する二つの作用があります。
この「抗エストロゲン作用」には血管を拡張し血流を良くする効果があるのです。

そして「エストロゲン作用」の方には悪玉コレステロールを分解促進し、酸化を防ぐ効果があるので血液をサラサラにしてくれます。
この二つの効果で血流が改善されます。

そのため血圧を下げるといった効果で動脈硬化などの生活習慣病だけでなく、循環器系の疾患の予防もできます。

ビタミンE

強い抗酸化力で悪玉コレステロールを減らし、毛細血管の流れをスムーズにすることで動脈硬化を防ぐ。

プロポリス

血液中に悪玉コレステロールを増やす活性酸素を除去することで血液をサラサラに保ちます。
そして毛細血管を強化し動脈硬化を予防します。

イチョウ葉エキス

血小板活性化因子の働きを抑え脳梗塞の引き金となる血栓を予防する。

クエン酸

血圧を上げるACE酵素を阻害し高血圧を予防します。

クエン酸の働きで酸性になった血液を弱アルカリ性に中和させ、血液をサラサラにし、さらに血管を強く丈夫にすることができるのです。
そのため脳梗塞の原因である動脈硬化を予防することができます。

カリウム

血圧を上げてしまうナトリウム(塩分)の排出を促しめぐりをサポートする。

食物繊維

脂肪の吸収を防ぎ血糖値の上昇を抑え肥満予防もあり、血圧を上げてしまうナトリウム(塩分)を排出し、血中コレステロール値の上昇を抑えます。

厚生省研究所では、脳梗塞の発症は夏が一番多いという調査結果を発表しています。

発汗によって体内の水分が失われてしまう夏は、脱水時に脳卒中の原因になる血栓ができやすいので、こまめな水分補給が必要です。

・就寝前起床直後にコップ一杯の水を飲む(血栓予防)
・適度な運動を実施する(血液循環促進)
・喫煙やアルコールの過剰摂取を控える(危険因子の排除)
・ストレスの少ない過労を避けた生活をする(血圧上昇の回避)

脳卒中は死亡は免れたとしても重い後遺症が残る可能性の高い病気です。
未然に防げるならできる予防はしておいたほうがいいですよね?
すでに生活習慣病にかかっている方は、今すぐ生活環境や特に食生活の見直しを行うことをおすすめします。

関連記事

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ