美しく痩せる~メタボまで!リバウンドしない健康ダイエット特集

ダイエットと一言で言っても、美しく痩せるダイエットだけでなく、病気を予防するためやメタボ対策、病状を回復するるためのものだったりと、その目的は人それぞれ。

さらに、
・食事制限はなるべくしたくない!
・運動は苦手!
・むくみを何とかしたい!
・下腹のポッコリが気になる!

など悩みは人によって違います。

体重を減らす一番簡単な方法は「食べない」ことです。

運動をしなくても生きていくために最低限必要な生命活動(呼吸や内臓を動かし体温を維持するなど)に使われる基礎代謝によって、エネルギーは消費されていますので、何しなくても勝手に痩せていくということになります。

でも、この方法は最も危険なやり方で、ダイエットの方法としては最悪です。

人間の体は環境に順応して生きる能力(ホメオスタシス(恒常性維持機能))や自己防衛機能の精度が高く、摂取カロリーが減ると少ない消費カロリーでも正常に機能させるよう省エネ機能が働きます。

そのため基礎代謝は下がり、結果的に痩せにくい体を作ってしまうことになるので、基礎代謝を上げる素となる運動と食事のバランスというのは健康的でリバウンドをしないダイエットにおいて非常に重要なポイントとなります。

基礎代謝とは

1日の総消費エネルギーが基礎代謝が約70%、生活活動代謝が約30%で、基礎代謝を上げることが重要な理由はここにあります。

基礎代謝が男性16歳、女性14歳をピークに下がってしまいます。
今度こそダイエットを成功させたい!と思っている方は、基礎代謝が上がる生活習慣を身に付けることは急務となります。

年齢と筋肉量によって基礎代謝が違ってきますが、厚生労働省による年代別基礎代謝は次の通りです。

年齢別基礎代謝量
(単位:kcal/日)

年齢 基礎代謝量
8~29才 1,550 1,210
30~49才 1,500 1,710
50~69才 1,350 1,110
70才以上 1,220 1,010

基礎代謝を上げるには

基礎代謝を上げるには先も度からお話しているように、筋肉量を増やすことが一番大事です。

適度な運動をする他に、気をつけておきたいポイントを紹介します。

・3食をきちんと食べる
・毎食タンパク質をきちんと摂る
・一日に果物1個、牛乳コップ1杯程度を摂るようにする
・新鮮な野菜や海藻を積極的に摂る
・アルコールはなるべく避ける
・ジュースやお菓子などを摂りすぎないようにする

これらは、様々な病気の予防にも有効な食事のポイントです。
バランスのとれた食事を常に心がけることは、健康的な体作りにとても大切なことになります。

いずれにしても、健康を害するようなダイエットは体重は落とせても、短期間でリバンドをしたり体の他の部分に支障をきたしたり、結果的に不健康なダイエットになってしまいます。

さらに、ダイエットは自分に合った方法で行わなければ続けることができません。
辛い食事制限や運動をしたり、高価なダイエット食品を買ってみても、すぐにやめてしまうようだとそのすべてが結局はムダになってしまいます。

ダイエットに失敗してしまう人のほとんどがこの「続かない」が原因で挫折をしています。

はじめから高すぎる目標を設定せず、無理のないペースで続けて行ける方法を探しましょう。

継続する事が大切になってくるので、サプリメント等からうまく摂りいれて、ダイエットを成功させましょう。

身体を動かすのが好き、また苦じゃない人は、しっかり運動しながらサプリメントで補って、痩せ体質へと持っていくのがベスト!

ダイエットの方法も色々ありますが、運動を取りいれて行うのが一番ベスト。

現代人は50年程前に比べると、男性も女性も筋肉量が低下している事が分かっています。
色んなものが進化し、便利になり、食生活も豊かになった事で「運動不足」が明らかな原因だと考えられています。

運動不足は様々な病気を引き起こす原因ともなるので、やはり生活の一部に取りいれておきたいですね。

普段の通勤や通学などバスや電車を利用しているのなら、一つ手前の停車駅で降りるのも手。

エレベーターを階段にしたり、健康に気を使っている人が普通に行っている事ですが、燃焼系ダイエットサプリと併用して毎日続けるだけでも効果は変わります。

継続が何より大事ですから、続けられそうなものからはじめて行きましょう。

Lカルニチン

アミノ酸の一種で羊肉や牛肉に多く含まれている成分です。
これらから成分を摂ろうとするとカロリーオーバーになりやすいため、サプリメントで補ってあげるのがおススメです。

カプサイシン

トウガラシの辛み成分でおなじみです。
体脂肪を分解するアドレナリンの働きを活性化させ、体脂肪分解に働きかけます。
刺激も強いので、毎日適正量を摂るのは難しいのでサプリメントからの摂取がおススメです。

コーヒークロロゲンサン(カフェイン)

クロロゲンサンはポリフェノールで熱に弱く、カフェインはコーヒーだけでなく、お茶などにも含まれているアルカロイドです。
どちらも肩甲骨に存在する褐色脂肪細胞に働きかけるため、脂肪燃焼を促進する働きがあります。

吸収カット系ダイエットサプリにも色々ありますが、ご飯やパンが好きな人、甘いお菓子や脂っこいものが好きな人、外食の多い人、お酒を飲む人に向けてそれぞれ違う成分のサプリメントが向いています。

ご飯やパンなどの炭水化物が好きな人には、白インゲン豆やサラシア、ガルシニア等の成分がおススメなのですが、これらの成分は単成分でサプリメントとして販売されていたり、いくつかの成分を組み合わせて売られている複合サプリとがあります。

自分が好きでついつい食べ過ぎてしまうものがはっきりと分かっていれば、単成分サプリメントの方が配合されている量も多いのでおススメなのですが、他のものも食べ過ぎちゃってるかもしれない・・・と言う場合にはいろんな食べ物に対応できる複合サプリがおススメです。

単成分サプリに比べると一成分当たりの配合量は減りますが、沢山の成分で補ってくれるため1種類のサプリメントで済む「楽」さがあります。

キトサン

かにやエビの甲羅から採れる動物性食物繊維キチン。食事の脂や塩分の吸収をカットします。

キノコキトサン(キトグルカン)はしいたけやまいたけなどのきのこ類に含まれる植物性キトサン。
キノコキトサンには脂肪の吸収を妨げる働きとついてしまった脂肪を燃焼させる働きがあります。
キノコキトサンには他にβグルカンも含まれており、コレステロールをの吸収をカットし体外に出す働きのある食物繊維です。

ギムネマ

インド原産のハーブで別名「糖を壊すもの」と言われています。
2,000年以上前からアーユルヴェーダで使用されており、糖の吸収をブロックします。
ギムネマを直接、口内で数分噛むと糖分を感じなくなります。

白インゲン豆エキス

白インゲン豆にはファセオラミンというファイトケミカルが含まれており、炭水化物の吸収をブロックします。
ご飯やパン、麺類などの炭水化物が好きな人に、心強い助けとなる成分です。

老廃物とは、口から摂りいれた食べ物を分解し、栄養素として必要なものは体内に吸収され、不要ととなったものなどです。

未消化の食べカス以外にも腸内細菌の死骸やアンモニアなども老廃物です。

体内の色んな場所に溜まる老廃物は静脈血液やリンパ液や腸などが運び出します。

静脈血流やリンパ流が滞ってしまうと、老廃物は体内に留まってしまい、様々な症状や病気のリスクまでも高めてしまいます。

老廃物が溜まってしまうと…

静脈血流やリンパ流の流れが悪くなる→老廃物が溜まっている部分の痛み、むくみ、発熱、疲れやすくなる。セルライトの原因
基礎代謝の低下→筋力低下、便秘、肌トラブル、脂肪が燃焼しにくくなる。
基礎体温の低下→免疫力が下がる、脂肪燃焼の低下。

老廃物滞留→むくみ→セルライト

セルライトは一度ついてしまうと中々取れにくいものなので、セルライトにならない様にこまめに老廃物を排出してあげる事が大切です。

老廃物は、リンパ液などを通り尿や便、汗と一緒に排出されます。
老廃物を排出しやすい方法を紹介します。

半身浴

リラックスできる体制で、みぞおちあたりまでつかれる量のお湯をはります。
お湯は40度程度で、最初は肩までつかり、身体が温まったら肩を出して入ります。
目安は2~30分程度で、汗が出始めて自分が気持ちよいと感じるくらいがベストです。

身体は芯から温まり、冷えにも効果的で、沢山かくことによって老廃物排出にもなります。

半身浴をする前には500ml程度の水分を摂るようにすると効果的です。

便秘解消

便は老廃物そのもの。
未消化のカスや腸内細菌、老廃物などの塊である便は、腸内に留まれば留まるほど有害物質を吐き出し、腸管から吸収されてしまいます。
これらが肌荒れや腰痛、肩こり、頭痛や口臭や痔などの原因、更には大腸ポリープや大腸がんなどの大きな病気になることもあり、身体に様々な悪影響を与えてしまいます。

便秘の原因はストレスや、乱れた食生活、運動不足など様々ありますが、常習化便秘、妊娠中の便秘、体力が衰えた中高年層、最近では子供の便秘まで幅広い年代で便秘に悩まされています。

男性よりも女性の方が圧倒的に便秘に悩まされています

間違えたダイエット法による無理なダイエットで便秘になることもあります。

以前にテレビででもやっていましたが、1週間~10日間くらいの便秘が常習化している人はおよそ1~2㎏もの重さの便が腸内に滞留しているそうです。
これだけの便が腸内にあると当然体重も重くなりますし、発がん性物質やアンモニアなどの有害物質を吐き出し続けます。
腸内に長く滞留していればいるほど、有害物質はどんどん出ており、腸管を通し体内で吸収されてしまうのです。

その他にも、便秘がちな人は食べたものの消化吸収率が落ちてしまうことが分かっています。
必要な栄養素を消化吸収し辛い体になってしまうので、太りやすくなってしまうわけです。

便秘がちな人は薬を使わなくても、毎日快便体質になれるよう自分にあった便秘解消法を見つけましょう!

ファスティング

ファスティングは断食の事で、食事を一定期間抜くことにより、身体の中をリセットし、老廃物を排出する事が出来ます。

週1~2日から始める事が出来るので、手軽にチャレンジすることが出来、長期間我慢しなくてもよいので、ファスティングダイエットとしても人気があります。
ファスティングには、植物のエキスを抽出させた酵素ドリンクを使用したり、満腹感の高いスムージーを利用したりします。

ここでは酵素ドリンクを使ったファスティングについてまとめています。

長年体にたまった老廃物。
放っておくと体内の脂肪細胞に付着してどんどん巨大化し、セルライトの原因になってしまうのです!

でも体にたまった老廃物を出すにはどうしたらいいのでしょう?

それは酵素ドリンクを使うことです。

なぜ酵素ドリンクがファスティングに良いのか?
酵素ドリンクはたくさんの野菜や野草、果物などを麦芽糖などで発酵させた高濃度の栄養食品です。
飲料なので、食べ物の消化など内臓の働きを休ませながら、必要な栄養素だけは摂取する事が出来るのです。
最短では1日~本格的なものだと1週間程度、酵素ドリンクを飲んで行います。

断食する時間を作ることで、胃腸を休ませ修復し、肝臓が体内の毒=老廃物を排出し新陳代謝を高め、健康的にダイエットが出来ます。

酵素ドリンクを使用することで新陳代謝が良くなり痩せやすい体になり、太りにくい体を作ることも可能です。
さらに、便秘の改善や肌も潤い抜群の美容効果が期待できます。

モデルやタレントも実践している「酵素」を摂ることで老廃物をどんどん体外に排出させることができるのです!

ただカロリーを落とすだけのダイエットとは根本的に違います
しかし、どの酵素ドリンクでも老廃物排出ができる訳ではありません。

最近では健康目的でファスティングする人が増えています。
日頃の不摂生をリセットするために、週末限定で行うとか、朝食を酵素ドリンクにするプチ断食など。
本物の酵素ドリンクを使って、体内をリセットしてあげましょう。

立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢で居ることが多い人、味付けの濃いものが好きな人、夕方になるとふくらはぎや太ももなどが重くなる人はむくみが原因かもしれません。

むくみの原因は老廃物が溜まっていたり、血のめぐりが悪かったり、運動不足、塩分の摂りすぎなど様々。

男性よりも圧倒的に女性に多く、脚や顔、手に出やすいのが特徴です。

むくみを解消しながらダイエットしたい場合は、塩分を排出する働きのあるカリウム、血行を良くする働きのあるメリロートやシトルリン、水分調整をしてくれるとうもろこしのひげ成分が入っているサプリメントがおススメです。

赤ブドウや明日葉などに含まれるポリフェノールにも血液サラサラ効果が期待できるので、これらの成分が含まれているサプリメントを選ぶと良いでしょう。

メリロート

料理のスパイスとしても昔から利用されてきたメリロート。
メリロートに含まれる成分クマリンはポリフェノールフェノール酸系の一種で抗血液凝固作用があり、血流改善の働きからむくみにも有効な成分です。
同じポリフェノールの仲間でフラボノール類のケルセチンはビタミン様物質で血流改善作用があります。

カリウム

アボカドやバナナなどに多く含まれるナトリウムと拮抗関係のミネラルの一種で体内で3番目に多い成分。
細胞内液にたくさん存在しており、塩分を体外に排出する働きがあるため、むくみ解消に効果的です。

明日葉

青汁でも良く使われている明日葉。
明日葉にはカルコンやクマリンなどのポリフェノールなどが含まれています。
メリロートにも含まれているクマリンが血流を良くし、むくみ解消にも役立ちます。

年齢と共に落ちてくる基礎代謝
代謝が落ちてしまうのは、脂肪燃焼を促す筋肉量の低下が大きな原因と言われています。

食生活の乱れや運動不足の延長なども要因です。
息をしたり、体温を調整したり、ただ寝ているだけの時でもエネルギーは消費しています。

この基礎代謝が落ちるとどうなるか→エネルギー消費量が減るので、基礎代謝が高かったころと同じ生活をしていると、太りやすくなります
身体の各部位の働きが悪くなり、血行不良を起こし冷え性、むくみなどの原因となります。
血行不良になると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、肌荒れをはじめ美容にまで影響を与えます。

筋肉量を増やすことが代謝を上げるために一番重要なことですが、もっと身近なことでも代謝を上げることが出来ます。

それはお風呂

シャワーではなく、湯船につかることが心身をリラックスさせ、血行を良くし、身体を芯から温めることで代謝を上げるのです。
血行が良くなることで、汗を出し、老廃物排出にもなります。
半身浴は身体を芯から温める事も出来ますし、炭酸浴は血行を良くすることで人気があります。

血行が良くなることで、体中に血液がきちんと循環し冷え性改善に役立ちます。
冷え性が改善されることで、普段の体温が上がり代謝を上げる事が出来るのです。

毎日、湯船にお湯をためるのが大変・・・という人は、身体を温める食べ物がおすすめです。
朝食を抜くと身体が目覚めず、身体が冷えがちになります。
ファーストフードや、インスタント食品の摂りすぎなども栄養バランスの悪さから冷えを引き起こします。

お風呂が好きな人は半身浴や有酸素運動などで身体を温め、食生活で改善したい人は栄養バランスの良い食事を3食きちんと摂り、食事に身体を温める食材を取り入れるようにしましょう。

毎日は中々難しい、面倒だという人は、サプリメントで補ってあげるとよいでしょう。
身体を温めてくれる食材をいくつか紹介します。

生姜

身体を温める代表的な食べ物の生姜。
昔から咳や喉の痛み、炎症を抑える働きがある食べ物として利用されてきました。
小生姜の金時生姜が有名ですが、最近はタイ産の黒生姜(別名:ブラックジンジャーorクラチャイダム)も人気が高いです。
ジンゲロール、ショウガオールこれらの成分が冷え性を改善する働きがあります。

ヒハツ

コショウ科の植物で東南アジアに自生している植物。
乾燥させたものを古くから香辛料として使われてきました。
また中国では漢方薬として、アーユルヴェーダにおいても身体を温める薬草として使われてきました。
唐辛子のようにガンガン脂肪を燃やすような温まり方ではなく、穏やかに作用するところが人気です。

ココナッツオイル

身体の良い油の先駆けとなったココナッツオイルには中鎖脂肪酸が沢山含まれています。
一般的な油に含まれているのは長鎖脂肪酸で、吸収分解が遅いので脂肪として蓄えられやすいのですが、中鎖脂肪酸は4倍も吸収分解が早いため素早くエネルギーに変わります。
この素早いエネルギー転換が冷え性改善にも役立つことが分かっています。

圧倒的に女性に多く、肌荒れや体調不良の元にまでなってしまう便秘。
腸の中に老廃物が何日も残っている状態になるわけですから、下腹はぽっこりするわ、老廃物のせいで基礎代謝に影響が出る事も。

出来る事なら薬の力を借りることなく、すんなり便秘解消させたいですよね。

女性に便秘が多い理由の一つに、男性よりも筋肉量が少ない事があげられます。
腹筋の力が弱いので腸内で便を送り出す力が弱いのです。

乳酸菌

ここで活躍してくれるのが、乳酸菌の力。
腸内には沢山の菌が住んでおり、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が存在します。
便秘になりやすい人の多くが、悪玉菌の割合が多く、善玉菌数が圧倒的に不足しているのです。

ヨーグルトなどの乳酸菌が入った食べ物でも、腸にたどり着くまでに胃酸などに負けてしまい、生きたまま腸に届くのは極わずかです。
動物性乳酸菌より、ラブレなどの植物性乳酸菌の方が耐酸性が強く腸まで生き残れる可能性は高いのですが、ヨーグルトそのものが苦手な人にとっては、ヨーグルトで乳酸菌を摂ること自体がNGになってしまいます。

そこでおススメなのが乳酸菌サプリの利用です。
顆粒やソフトカプセルなど飲みやすく工夫されており、より沢山の乳酸菌が腸まで生きて届くように工夫して研究、製造されているので、摂取のしやすさ、実感のしやすさ、も難なくクリア!

同じ食品を毎日食べ続ける事は飽きる事もあり、難しいですがサプリメントならそのままでも、水と一緒にでも飲むだけなので、続けやすいのです。

便秘をしなくなる事により、身体の本来の機能が正常化し、ダイエットも順調!なら言う事なしですね。

食物繊維

1日に必要な食物繊維量は20gですが、戦後にはこの量がカバーできていたものの、現代では半分ほどしか摂取できていないと言われています。
食物繊維が不足すると、便秘だけでなく大腸がんなどの大きな病気の引き金にもなりかねません。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。
水溶性食物繊維は昆布やこんにゃくなどに含まれており、水に溶ける性質を持っています。

粘着力が高くゆっくりと腸内を移動するので、お腹がすきにくくなります。
食後の血糖値急上昇を防ぐ働きがあります。

大腸内で発酵されるため、ビフィズス菌を増やし腸内環境を整えます
胆汁酸やコレステロールを包み込み体外へ排出する働きもあります。

難消化性デキストリンは腸内バランスを整える特保として認められており、難消化性デキストリンを使用された健康食品も多く販売されています。

水溶性食物繊維・・・ペクチン、ガム質、難消化性デキストリン
不溶性食物繊維・・・セルロース、ヘミセルロース、リグニン

不溶性食物繊維は穀物などに含まれており、水に溶けません。
保水性が高いため、腸内で水分を吸収し腸の蠕動運動を促進させます。

水溶性食物繊維よりは少ないですが、大腸内で発酵するためビフィズス菌の増殖に役立ちます。

不飽和脂肪酸

リノール酸、リノレン酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸は常温でも固まりにくい性質をもっていますが、この油が整腸作用にも役立ちます。
血管の流れを良くする働きのある不飽和脂肪酸は、腸内でも便の滑りを良くしたり、便意に必要な蠕動運動を促進します。

不飽和脂肪酸といえば魚油=DHA、EPAがよく知られていますが、オリーブオイル、エゴマ油、亜麻仁油、最近ではチアシードも話題になっています。
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸もリノール酸やオレイン酸と同じ仲間の脂肪酸です。

ダイエット中は油を控えがちですが、身体に必要な油が不足してしまうと、体調不良や肌荒れ、便秘などの原因にもなります。
身体に良い油を適量摂り入れるようにしましょう。

置き換えダイエットには、普段の食事をプロテインや、酵素、スムージーなどに置き換えて行うダイエット。

今、最もアツイのは、スムージー置き換えダイエット
粉末をさっと溶かすだけで作れ、1食80円~始める事が出来ます。

忙しい朝ご飯や、ついつい遅くとりがちな夜ご飯をスムージーに置き換える事で、必要な栄養素はしっかり摂る事が出来、ギュッと凝縮された野菜や果物、酵素等の栄養素はしっかりと摂る事が出来ます。

置き換えダイエットはドリンクタイプのものやリゾット、シリアル、パスタなどいろんな種類のものが販売されています。
どれが自分に向いているかは人それぞれですので、自分の好きなものに合わせて選ぶことがダイエットを続けていくコツです。

グリーンスムージーで置き換えダイエット

低価格、低カロリー、時短で簡単に出来るスムージーは、置き換えダイエットにも最適!

沢山の野菜や果物が使われているだけでなく、お腹の中で膨らむ難消化性デキストリンや、サイリウムハスク、また最近話題のチアシード入りのものもあります。

また女性に嬉しい、プラセンタ、コラーゲンなどの美容エキスや、Lカルニチンなどの脂肪燃焼成分が配合されている物もあります。

野菜や果物がベースだから、ダイエットにはつきものの便秘や肌荒れもなく、必要な栄養素はしっかり摂りつつダイエットできるわけです。

決められた分量を決められた水で割るだけと言う手軽さなので、忙しい朝にもぴったり!
栄養を吸収しやすい朝、スムージーにする事で代謝も上がり、昼間のカロリー消費の後押しになります!

朝はグリーンスムージーがダイエットにも最適!>>

酵素ドリンクで置き換えダイエット

今、ファスティングが注目されている理由は・・・
暴飲暴食や、不規則な生活などが原因で体の中に老廃物が溜まると便秘から起こる、肌荒れ、代謝の低下や活性酸素の増加による老化現象、脂肪に蓄積される老廃物による肥満など、美容にも良くありません。

そこで注目されているのが、酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットやプチ断食。

プチ断食なら、1日1食を酵素ドリンクに置き換えるだけで出来ちゃうとても簡単な方法。
消化、解毒をする働きのある胃や肝臓を休ませてあげる事によって身体本来が持っている力を元気にさせてあげる方法です。

本格的なファスティングダイエットは3日間の断食をしますが、その間酵素ドリンクだけは好きなだけ摂っても良い方法です。

ファスティングダイエットの成功は、添加物などを一切使用していない無添加食材だけで作られている酵素ドリンクを使用すること、断食前後の食事内容は絶対に守る事!です。
これだけで、ダイエットの成功、不成功が大きく分かれます。

選べる置き換えダイエット

飲み物の置き換えだけではどうしてもお腹が空いて我慢できない!

という人は選べるタイプの置き換え食品を選ぶとよいでしょう。
ご飯が好きな人はリゾットタイプのものを、パスタが好きな人はパスタスープの置き換え食品を選ぶ事が出来ます。

置き換え食品を選ぶときに重要なことは、栄養素が豊富にバランスよく含まれている食品を選ぶこと。
良質なタンパク質をはじめとした栄養素が多種類含まれていることや、添加物を使用していないこと、アミノ酸スコアが100かどうかなどのチェックをしましょう。

体脂肪を分解して燃えやすくする働きのあるアミノ酸。
アルギニン
リジン
アラニン
プロリン

アミノ酸スコア100の食品
・鶏卵
・牛乳
・豚肉
・牛肉
・鶏肉
・あじ
・かつお
・鮭
・黒酢

寝る前にアミノ酸を摂ると、脂肪が燃えやすくなる?!
寝ている間もエネルギーが消費されているので、睡眠時間をうまく使ってエネルギー消費するために、アミノ酸摂取をするとよい。

脂肪を消化するのに必要な胆汁液を作る働きがあり、体内にある毒を中和する働き、更に糖や脂肪などの栄誉祖を必要に応じてエネルギーへと変換する働きのある肝臓。

24時間フルで働き続けているため、一気に食べ物が入ってきたり、毒素が増えたり肝臓への負担が増えると、疲れやすくなったり、代謝が悪くなったりと悪影響が出てきます。

寝る前に肝臓の働きを助けるアミノ酸、オルニチンなどを摂取すると成長ホルモンの分泌が促されたり、年齢と共に低下する代謝UPに役立ちます。

ダイエットに不可欠な代謝は年齢や体格や体質によっても差があります。

10~20代人気のダイエットサプリ

10代のうちはまだ成長期なので、食欲旺盛なので無理なダイエットは厳禁!
食べ過ぎが気になる場合は、吸収カット系ダイエットサプリや、食べたものをしっかり出す便秘解消系が人気。

20代は学生から社会人になって、ランチや飲み会の機会もぐっと増える年代。
会社勤めを始めた人は、学生のころに比べると運動量は減っているはず。
なのに、学生の頃の気持ちで飲み食いしているとどんどん溜め込んでしまう結果に?!

運動をする事を心がけ、吸収カット系のダイエットサプリや、座りっぱなし、立ちっぱなしによるむくみ解消のすっきり系ダイエットサプリがおススメです。

代謝が落ち出す30代のダイエットサプリ

10~20代の時に比べると基礎代謝が落ちてきている事を感じる時期。
ついこの間までは大丈夫だったのに・・・と同じような生活を送っているといつの間にか無駄なお肉が付いてる・・・なんて事に。

基礎代謝をあげるために、体温をあげるぽかぽか系のダイエットサプリがおススメ。
また、この年代は体内の働きが低下し便秘に悩まされている人が多いので腸内環境を整えるために乳酸菌サプリや、老廃物排出の酵素系などもおススメです。

頑張っても落ちない!40代以降のダイエットサプリ

体力、筋力、基礎代謝だけでなく、血圧や血糖値、中性脂肪などの数値にも気にかけたい40代以降。
20代の頃と比べるとかなり落ちている筋力、体力、基礎代謝。

ダイエットしたくても体力不足でダイエットにまで体力がまわらないと言う事も・・・。

疲労回復効果の高いアミノ酸を豊富に含んだ黒酢サプリや、内臓脂肪に着目した成分が配合されている物などを上手く利用して、コツコツ出来るダイエット法がおススメ。

この年代は腸の働きも落ち、便秘に悩む人も多いので腸内環境改善の為に乳酸菌サプリを摂ったり、週末ファスティングで老廃物をリセットするのもおススメ。

健康診断で、血糖値や血圧で「要注意」や「再検査」になっている人は特保のサプリで食生活の改善から始めてみましょう。

産後のダイエット

妊娠中からお母さんは赤ちゃんのために沢山の栄養を必要とします。
身体が赤ちゃんへの栄養を送るために、お母さんの体への栄養素を吸収しようとするのです。

出産後には授乳のための栄養素を必要とします。
食事を沢山欲するのは、身体からの指令なのです。

問題なのは終わった後。
妊娠中や授乳中と同じような食生活を送っていると、栄養分は身体に吸収されますが、吸収した栄養分を分けてあげる赤ちゃんや、母乳を作るエネルギーももう必要ありません。
なので、栄養分を沢山摂りいれても、しっかりと運動をしてエネルギー消費していない限り、出口がないためためこんでしまうのです。

産後ダイエットは、食事や間食などでカロリーオーバーにならないように、そして運動を取り入れるのがベストです。

しかし、小さい子供がいると自分のための時間を作ることが難しくなるため、しっかりした運動をすることもなかなか難しくなります。

こんな時に役に立ってくれるのが吸収カット系のダイエットサプリや、置き換えダイエットです。

必要な栄養素はしっかりとって、オーバー分はカットする、そんなダイエット法が産後ダイエットの一つとして向いているのかもしれません。

子供のダイエット

6~14歳の肥満・やせの程度をチェックする日比式肥満度の計算式

肥満度(%)={実測体重(kg)-標準体重(kg)}÷標準体重(kg)×100
標準体重(kg)=係数1×身長(cm)3+係数2×身長(cm)2+係数3×身長(cm)+係数4

参照元:農林水産省

子供の肥満の原因
朝食を食べない、運動不足、睡眠不足

子供の肥満には肝機能障害、糖尿病予備軍、高脂血症→動脈硬化

子供の肥満の約8割が肥満のまま大人になっており、高血圧や糖尿病などの合併症を伴う。

食事は大皿→×食べ過ぎの可能性、○小分けにして出す

メタボリックシンドローム

健康診断での数値が本格的に気になりだしたら、特保付のサプリメントで!
中性脂肪、高血圧、血糖値、どれも大きな病気に繋がるものばかり。

肥満症、高血圧症、高脂血症、糖尿病など身近な病気から、心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳梗塞、糖尿病の合併症で起きる失明や人工透析など大きな病気になってしまってからでは遅いです。

あの時、なんで対策をしなかったんだろう・・。
と、後悔をしない為にも早めの対策が必須です!

ヴァージンココナッツオイルサプリメント(さくらの森)

何かと話題になっているココナッツオイル。
別名ダイエットオイルとも呼ばれています。

産地は主にフィリピンなどの国外ですが、製造する方法によって呼び方が異なります。
身体に良いと言われているのが「ヴァージンココナッツオイル」と呼ばれている物で、コールドプレス法によって採られており、コレステロールフリー、トランス脂肪酸フリーの身体に良い成分だけを抽出した天然のオイルです。

ヴァージンココナッツオイルにはラウリン酸という母乳にも含まれる抗菌成分が含まれていることや、中性脂肪にためておく事なく、エネルギーに変換される中鎖脂肪酸が、今、これから摂取するものに対しても、既に蓄積されてしまった脂肪にも効果があり、メラメラと燃焼してくれます。

健康維持のためには1日大さじ2杯ほど、ダイエットの為には1日100㏄程が良いと言われていますが、2週間ほど摂り続けていると、体が温かくなっているのを感じる事が出来ます。

体温が一度変わるだけで免疫力、基礎代謝、体内酵素の働きが大きく変わります。
一度上がると、基礎代謝は15%程度あがります。

体温が上がる事で、血流も良くなり冷え性が無くなっていたり、むくみが無くなっていたり、体内循環が良くなることで乾燥肌が無くなっていたりと良い事づくしです。

そして、極めつけは便秘にも効果抜群だと言う事。
オイルなので、腸内をするんと言う感じで流してくれるので快便になるのです。

まだ他にもつ使い道や効能がある多機能で人気のココナッツオイルですが、ほんのり甘いにおいが苦手な人も多いのも事実。
そんな人におススメしたいのが、ヴァージンココナッツオイルのサプリメント。

サプリメントならソフトカプセルに詰められているので、においもせず、ココナッツオイルの良い成分だけを摂取する事が出来ます。
年齢に関係なく出来るので、一番のおススメという訳です。
体内から変えてダイエットしたい人は是非、チャレンジしてみて下さい。

ヴァージンココナッツオイルサプリの詳細はコチラ>>

関連記事

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ