危険な病気の可能性は?めまいの症状や原因から対処法を探す

めまいの症状を訴えている人は約240万人いると言われています。

症状は様々で、耳から生じるもの、脳から生じるもの、老人に多いめまい、貧血によるもの、ほかの病気が原因のものなど、原因もまた様々です。

めまいの発生源はを大きく分けると3種類あります。

発生場所によって症状や起こる疾患は全く違うのもめまいという病気の特色です。

まずは、どこでめまいに原因があるのかを探ってみましょう。

耳から生じるめまい

感覚情報を脳幹に伝える器官、三半規管、耳石器、前庭神経のいずれかに障害がある回転性のめまいで、めまいの他に耳鳴り、難聴、耳閉感などの症状を伴うことがあります。

【耳が原因でめまいをおこす疾患】
・メニエール病
・前庭神経炎
・突発性難聴
・良性発作性頭位変換性めまい

脳から生じるめまい

脳が原因の動揺性めまいは、めまいの症状は軽度ですが、物が二重に見える、顔や手足がしびれる、力が入らない、手がふるえるなどの症状が大きいのが特徴です。

【脳が原因でめまいをおこす疾患】
・脳卒中(脳梗塞、脳出血)
・てんかん

老人に多いめまい

平衡感覚や血圧調節能力の衰えや病気や薬の副作用など、原因が一つではない場合が多い老人のめまいですが、眼前暗黒感めまいの起立性低血圧によるものが一番多いと言われています。

【老人のめまいを起こす原因になっている疾患】
起立性低血圧
椎骨脳底動脈循環不全
脳梗塞、脳出血
脱水

めまいのタイプはを大きく分けると3種類あります。

めまいの症状によってによって発生している部位や疾患が全く違うのもめまいという病気の特色です。

今起きているめまいの症状から隠れている病気を探してみましょう。

回転性めまい

発生場所:三半規管
グルグルと回転する回転性のめまいで、耳の中にある三半規管の障害によって起こり、吐き気やおう吐を伴うことがあります。

【原因となる疾患】
・メニエール病
・内耳炎
・前庭神経炎
・良性発作性頭位めまい症(BPPV)

動揺性めまい

発生場所:脳(脳幹、小脳)
体がフワフワとする動揺性のめまいで、頭痛やしびれ、運動麻痺などの神経に関係する症状を伴うことがあります。

【原因となる疾患】
・中枢性めまい
・全身性めまい
・薬剤性めまい

眼前暗黒感めまい

発生場所:脳
脳が虚血状態になり、目の前が真っ暗になり意識を失いそうになるめまいのことで、立ちくらみ(起立性低血圧)とも呼ばれています。

【原因となる疾患】
・循環器系の障害
・体位変換によるもの
・出血 脳出血
・ショックによるもの
・更年期障害の一症状

めまいの他にも症状がある場合には、ほかの病気の可能性があります。

めまいの診察でも必ず医師から問診されるので、事前にチェックをしておけば何かを受診すればいいのかを判断でき、心構えもできますね。

耳鳴りや難聴

耳鳴りや難聴を伴うめまいは内耳に障害がある場合が多く、突発性難聴、メニエール病、内耳炎、聴神経腫瘍などの疑いがあります。
受診:耳鼻科

言語障害、平衡障害

今までのようなスピードで話ができない、歩くときふらつく、激しい頭痛などが伴うめまいは、脳梗塞や小脳出血の疑いがあります。
受診:内科、神経内科

同じような動作でめまいが起こる

振り返る、仰向けになる、お辞儀をするなど一定の動作をしたときにめまいが起こる場合は、良性発作性頭位眼振の疑いがあります。
受診:耳鼻科

回転性めまい

メニエール病

内耳を満たしているリンパ液が増えすぎることで、通常片耳だけに発症します。
耳の中にある感覚器官が圧迫され、内耳がむくみめまいを起こします。
この状態を内リンパ水腫と言い、難聴や耳鳴り、耳閉感、吐き気、嘔吐、冷や汗、動悸などの他に、がなどの症状を起こすことがあります。

日本での患者数は7~10万人いると言われていて、30代後半から40代の女性に多くみられるのが特徴です。

メニエール病は原因の特定はできていない難病ですが、神経質なタイプに多く、先進国の方が発展途上国より発症率が高いことからストレスも要因になっていると言われています。

発症してから2週間以内のうちに治療を開始しないと完治させるのは難しいので、おかしいと感じたら早めの受診が必要です。

突発性難聴

ある日突然聞こえが悪くなる突発性難聴。

今のところ原因は不明ですが、ストレスやはしかやおたふくなどのウイルス疾患、疲労や生活習慣病などによって引き起こされていることが多く、遺伝が要因にはならないことが分かっています。

年間35,000人が治療を受けていて、40~50代で多く発症し、一度かかると再発の可能性は非常に低いと言われています。

主な症状は難聴ですが、耳鳴り、めまい、吐き気、嘔吐などを伴うこともあります。
発症してから2週間以内のうちに治療を開始しないと、完治させるのは難しいと言われていますので、聞こえ方がおかしいと感じたら早めの受診が必要です。

慢性内耳炎

内耳に炎症を起こしその程度が強い場合、内耳の強い炎症が三半規管の機能を急激に低下させてしまうため、激しい回転性のめまいや吐き気、嘔吐、難聴や耳鳴りが起こります。

炎症により障害を受けた感覚細胞は修復が不可能で、内耳炎が高度に進行してしまった場合の難聴は回復が困難です。

前庭神経炎

激しいめまいが突然起こり2~3日続きます。
この間の歩行は困難で、吐き気や嘔吐、冷や汗を伴いますが、難聴や耳鳴りはありません。

激しいめまいが治まっても、フラフラする感覚は1か月~半年続くこともあり、長引く場合には投薬による治療とリハビリテーションが必要になります。

前庭神経炎は通常片耳だけに1度きり起こります。
内耳から脳に平衡感覚を伝える前庭神経が炎症し激しいめまいが起こりますが、原因については明らかになっていません。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)

めまいの中で最も頻度が高く、40~60代の女性に多く見られる良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、内耳の前庭にある耳石がはがれ、体の平衡感覚を保つ三半規管に入り込んでしまうことでめまいが起こります。

いつも決まった頭の位置でめまいが起こることから付いた病名で、数秒から2分以内にめまいは治まりますが、回転性の激しいめまいの場合には、軽い平衡感覚失調や吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。また難聴や耳鳴りの症状はありません。

動揺性めまい

中枢性めまい

小脳や脳幹に腫瘍や梗塞がある場合に起こるめまいで、悪性発作性頭位めまい症・脊髄小脳変性症の症状としてめまいが起こることもあります。

平衡感覚の異常だけでなく、脳神経系の以上による眼球運動障害や運動失調などを伴う場合があるので、脳神経外科の早期受診が必要です。

全身性めまい

神経と全身のバランスが不調で起こる自律神経失調症が原因のめまいです。
めまいの他に、吐き気や発熱、貧血などの症状が現れる場合もあります。

糖尿病や甲状腺機能低下、からも全身性めまいが起こりますので、病気の改善やストレスを解消するなど、根本的な原因を改善することが必要です。

薬剤性めまい

抗生物質、精神安定剤、降圧剤、坑パーキンソン病薬などの副作用でめまいが起こることがあります。
医師や薬剤師に相談する必要があります。

眼前暗黒感めまい

循環器系の障害

心臓から出される血液量が減少することで血圧が下がり、脳まで十分な血液が送れなくなったために起こるめまいです。
原因は心臓にあるので、内科や循環器科の早期受診が必要です。

体位変換によるもの

急に立ち上がると起こる「立ちくらみ」は起立性低血圧と言われ、その大きな要因は自律神経失調症と言われています。

立ち上がるときや湯船から出るときなど、頭の位置が一気に変わるときは、それに合わせ血圧を高くしなくてはいけないのですが、そのコントロールを自律神経できていないからです。

出血によるもの

出血に伴い体内の血液量が減ったことで、脳が虚血状態になり起こるめまいです。

ショックによるもの

ショックな出来事や、アレルギーによるアナフィラキショックによって起こるめまいです。

まずは安静にすることが大切でが、そばアレルギーの方がそばを大量に摂ってしまった場合やスズメバチに2回刺されるなどアナフィラキショックの場合には、救急車を呼んで至急治療してもらう必要があります。

めまいの予防や改善には、
・脳の血行促進
・自律神経の調整
・神経細胞

を攻撃する物質の抗酸化の3つ方法が効果的です。

食事では摂ることのできない成分が高い抗めまい作用を持っているので、毎日手軽にサプリメントで摂ることがおすすめです。

イチョウ葉

イチョウ葉に含まれているギンコライドには末梢血管の血流を増加させる効果があります。

加齢によって内耳に動脈硬化がある場合、前庭器官に異常もしくは血行障害がある場合の耳鳴りには特に効果を発揮します。

【その他の効果】
血流の改善認知症の予防
アレルギー症状緩和

蜂の子

蜂の子には、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、セレンなどのミネラルが多く含まれ、必須アミノ酸をはじめ18種類のアミノ酸、グルタミン酸、リジンなども含まれています。

さらに、蜂の子のアミノ酸には自律神経を調整する物質であるセロトニンを作りだすトリプトファンが自律神経の乱れが原因で起こるめまいや耳鳴りに有効です。

【その他の効果】
免疫力を高める
骨粗しょう症の予防

ギャバ

ギャバはアミノ酸の1種で、脳や骨髄などに多く含まれています。

脳の血行を活発にしてくれるギャバには、脳細胞の代謝を高める働きやリラックスさせる効果があり、脳の秘湯を回復させめまいや耳鳴りの症状を緩和します。

【その他の効果】
抗ストレス(リラックス)
肝臓・腎臓の働きを高める
利尿作用を促して血圧を下げる
睡眠不足解消
精神の安定

ポリフェノール

非常に高い抗酸化作用を持つ赤ブドウに含まれているポリフェノール(レスベラトロール)には、神経を傷つける活性酸素を除去する作用があります。

【その他の効果】
生活習慣病改善
肝機能の向上
殺菌効果
ホルモン促進作用
アンチエイジング

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーにしか含まれていないデセン酸には、自律神経を活発にする作用があり、自律神経の乱れが原因で起こるめまいや耳鳴りを解消します。

【その他の効果】
更年期障害の症状改善
冷え性や肩こりの解消
うつ病改善

鉄分

動物性食品に含まれるヘム鉄は、赤血球の中に含まれる鉄分はヘモグロビンを増やしながら血行も促進し、貧血によるめまいを解消します。

【その他の効果】
冷え性改善
むくみ解消

関連記事

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ