生理の悩み解消法|生理不順・生理痛(月経困難症)・月経前症候群(PMS)

女性の心と体は生理の周期に合わせた4つのリズムで繰り返されています。

女性特有のそのリズムは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンの分泌によるもので、一般的に約4週間(28~30日)が1サイクルで、生理が始まってから約14日目に排卵が起こり、妊娠しなかった場合、不要になった子宮内膜が剥がれ落ち血液と一緒に排出されます(生理)。

これらすべては妊娠・出産に備える大切な役割なのですが、ホルモンの影響によって4つの時期に分かれていて、その期間ごとに体や心に大きな変化を与えます。

卵胞期(増殖期)

卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになり、左右どちらかの卵巣にある原始卵胞が成長します。
子宮内では子宮内膜が膨らみ始め、受精卵を迎える準備を始めます。

女性としての美しさが増す時期と言われ、血行がよくなり肌や髪は艶やかに、むくみも取れ体重を落としやすいので、ダイエット効果を感じやすい時期です。

自律神経のバランスもよくなることで心も体も安定します。
前向きな気持ちに女性らしさが加わることで、魅力的に輝く時期です

排卵期

卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌がピークに達し、黄体化ホルモンが分泌され、成長した卵子が卵巣から飛び出します(排卵)。

排卵痛は、元気な赤ちゃんが卵膜が破り飛び出す際に出血や痛みを伴う場合があります。
痛みが徐々にひどくなったり、生理後も痛みがある場合には、子宮内膜症が重症化している可能性があります。

黄体期(分泌期)

黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が盛んになり、子宮内膜が厚くなることでより妊娠しやすい状況を整えます。

黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響が強く、体温の上昇、体内の水分の排泄が悪くなることでむくみや便秘、乳房のハリや痛みなど体の不調が起こります。

ホルモンバランスの急変で自律神経のバランスも乱れ、精神的にもイライラや不安感が募りやすく、それを落ち着かせるために食欲が増します。

月経期

妊娠しなかった場合、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌が減少し、子宮内膜から分泌されたプロスタグランジンというホルモンの働きで子宮が収縮し、いらなくなった子宮内膜が血液とともに体外に排出されます(生理)。

体温を上げる作用のある黄体ホルモンの分泌がなくなり、体温が下がって体が冷え、血行が悪くなります。
生理痛や頭痛、胃痛、生理の出血によって貧血気味になり体がだるくなります。

生理が始まって数日は気分が落ち込みやすいですが、終わりに近づくと卵胞ホルモンが徐々に分泌され、気持ちが上向きになり、元気が出てきます。

【生理不順とは】
月経の周期が通常よりも短くなったり長くなったりする症状で、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。
ストレスや無理なダイエット、不規則な生活習慣などによって引き起こされることが多いようです。

【生理周期の数え方】
生理が始まった日を一日目として次の生理が始まる前の日までの日数のことを指します。
健康な成人女性の生理周期は25日~38日です。

生理(月経)不順の種類

頻発月経

月経周期が24日以内と極端に周期が短い。
十分に卵が育たないうちに生理が始まってしまうため、無排卵で生理が起こっている可能性が高く、妊娠しにくかったり、妊娠しても流産が起こりやすくなってしまいます。
また、頻繁に生理が起こることで貧血になりやすいです。

閉経前の女性によく見られる現象ですが、若い女性の場合は、卵巣の働きが不十分だったり、子宮筋腫が原因の可能性もあります。

稀発月経

39日以上90日未満と周期が極端に周期が長い
生理の間隔があまりにも空いている場合は、甲状腺機能の異常や卵巣の働きが相当弱っている(無排卵周期)可能性が高く、妊娠の確率も低くなります。

初潮後や閉経前の女性によく見られる現象で、若い女性に多いのは、ダイエットによる急激な体重の減少や栄養不足、激しいスポーツなどで体脂肪率が大幅に減った場合に多く見られます。

無月経

月経がない

続発性無月経

3か月以上生理がない状態で、無理なダイエットや拒食・過食症、激しい運動などの他に、環境の変化や対人関係などのストレスがもっとも大きな原因と考えられています。

原発性無月経

18歳以上になっても初潮が来ていない状態で、原因は様々ですが、無月経が長期間続くと正常な状態に戻りにくく、妊娠しづらい状況になってしまいます。

生理不順は不妊の原因

順調に生理が来ている場合は、生理開始から数えて2週間後にあたる前後が排卵日なので、それに合わせてタイミングを取ると妊娠する確率が上がりますが、生理周期が不安定だと排卵日の特定が難しくなってしまいます。

また、生理不順は冷え性の女性に多く見られることから、体の血行だけでなく子宮も冷えた状態にあるため、活発な活動ができていないことも不妊の原因となります。

生理の乱れを整えるには

ストレスが生理不順の最大の原因と言われています。

ストレスによって乱れたホルモンバランスをそのままにしておくことは、妊娠しにくくなってしまったり、ホットフラッシュなど更年期のような症状が早く出たり、閉経が早まり骨粗鬆症や生活習慣病のリスクが高まる可能性があります。

安定した生理の周期に戻すためには、ストレスを溜め込まず発散できる解消法を身につけ、長引く場合には婦人科を受診してみましょう。

イソフラボンの人気サプリ

生理痛とは

これまで何十年も付き合ってきた生理痛にも病名がありました。
「月経困難症」
生理期間に起こる腹痛や腰痛、頭痛といった痛みが辛い状況をこう呼びます。

生理の期間に腹痛を感じる人は全体の67.3%、腰痛は46.3%、全身の倦怠感は36.3%。
多くの人がなんらかの痛みを感じています。

生理痛が起こるメカニズム

妊娠していない状態で生理になった場合、受精卵を着床させるために分厚く用意された子宮内膜が不要となり、子宮内に蓄えられた血液とともに排出されるのが生理です。

このとき分泌されるのがプロスタグランジンというホルモンで、これが生理痛の原因です。

このホルモンは子宮を収縮させ、経血を体外にスムーズに排出を促す作用があるのですが、プロスタグランジンが多く分泌されると必要以上に子宮が収縮し痛みの原因となります。

このプロスタグランジンは陣痛の原因となるホルモンで、過剰に分泌されるほど痛みを強く感じるのが特徴です。

若い女性に生理痛が多いのは、子宮の出口が硬くて狭いため、プロスタグランジンが過剰に分泌されるからで、体が冷えていたり冷え性に生理痛が多いのは、血流が悪くなることでプロスタグランジンが体内に長く滞在してしまうためです。

生理の悩み 生理痛は我慢しないこと!

生理痛は個人差が大きい痛みですが、痛みだけでなくイライラしたり憂鬱な気分になったりとメンタルの部分も影響を受けてしまいます。

ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩し生理痛を強めてしまうので、鎮痛剤の服用をうまく利用することや、普段からホルモンバランスを整え血行を良くして体を冷やさない工夫をしておきましょう。

ホルモンバランスを整える食べ物

大豆イソフラボン

ホルモンバランスを整え生理痛を緩和してくれます。

・豆腐
・豆乳
・きなこ

亜鉛

ホルモンバランスの改善に欠かせない食べ物で、亜鉛だけでなく鉄分も多く含まれているこれらの食材は、貧血予防や生理中のイライラを抑えるためのリラックス効果もあります。

・牡蠣
・レバー

血行を良くする食べ物

ビタミンE・ミネラル

ホルモン分泌を正常にし、血行を促す作用があります。

・アーモンド

ジンゲロール・ショウガオール

代謝を上げて血行を良くし体を温める効果があります。

・生姜

子宮の収縮を抑える食べ物

EPA

子宮の収縮を抑え、血行を良くし体を冷えにくくする効果があります。

・青魚

生理痛を悪化させる食べ物

・肉類
子宮を収縮させるホルモンを過剰分泌させてしまいます

・コーヒー
カフェインには体を冷やす働きや、神経を刺激して血管を収縮し血流を悪化させる作用があります

・チョコレート
チョコレートにはカフェインが含まれているため、体を冷やし、血管を収縮させてしまう恐れがあります

・牛乳などの乳製品
生理痛を悪化させる恐れがあります

こんな時は要注意!

生理痛の期間が長くなったり、期間以外にも痛みがある場合は、「器質性月経困難症」の可能性があります。

この場合の痛みは、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫などの疾患があるために起こっている痛みなので、出血量が多く貧血やめまいがあったり、日常生活に支障をきたすような痛みを感じた場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

PMSとは

最近良く耳にするようになったPMS。
Premenstrual Syndromeの略で、月経前症候群のことを指します。

生理が始まる1週間くらい前からイライラしたりやる気が起きなかったり、便秘になったり、いつも以上に眠かったりするのがまさにこの月経前症候群の症状で、生理前に何らかの精神的・身体的な不調を感じたことのある女性は9割以上もいる、ごく当たり前の現象なんです。

PMS(月経前症候群)のメカニズム

原因の特定はされていませんが、排卵後に分泌される女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの急激な変化によりさまざまな症状が現れると考えられています。

この時期に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、脳内物質や水分代謝に影響します。

実際にどのようになるかというと、脳内のセロトニンが低下することでネガティブな気持ちを引き起こし、気持ちが不安定になります。そのため「訳もなくイライラする」という、多くの女性が不快を感じている症状となり現れます。

セロトニンの低下で起こる症状はイライラだけでなく、感情的になる、やる気が起きない、疲れやすい、眠れないなど、精神的に不安定な症状を起こします。

さらに、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効果が低下するため、血糖値が上がります。
上がった血糖値を下げるため通常より多くのインスリンを必要とするため、低血糖を感じやすく、生理前に甘いものが食べたいとか食欲が抑えきれないといった症状になります。

水分代謝の影響は「むくみ」として現れます。
水分が胸に溜まることで胸が張って痛くなり、頭に溜まることで頭痛を起こします。

このほかにもPMSには200以上の症状があり、体質や体調によってさまざまです。

PMS(月経前症候群)の敵

現代女性は、ホルモンバランスが乱れている方が非常に多く、PMSが起こりやすい環境が整ってしまっています。

PMSが悪化する主な原因はストレス。
ストレスは万病の元。
精神状態が不安定な時にストレスが加わると、ネガティブな思考やイライラを増長してしまいます。

さらに、冷え、喫煙、睡眠不足、運動不足、カフェインの摂り過ぎ、喫煙、お酒の飲み過ぎなどがあります。
これらは血流を悪くし、PMSだけでなくさまざまな病気を発症させる要因にもなっていますので、生活習慣の見直しをしてみることも大切です。

稀に、潜在性鉄欠乏性貧血がPMSの症状を悪化させているケースがあります。

PMSの症状と潜在性鉄欠乏性貧血の症状は非常に似ているため、自覚していない方が多いですが、潜在性鉄欠乏性貧血にPMSが上乗せされた状態は、通常のPMSの症比べかなりつらい症状として現れます。

潜在性鉄欠乏性貧血は隠れ貧血と言われ、一般的な貧血の検査で測らない検査項目ですが、PMSの症状が重く受診した方の多くが潜在性鉄欠乏性貧血と診断されているので、我慢せず婦人科で受診することをおすすめします。

体を温めること

子宮の働きを高めることは症状改善につながります。
下半身の血行をよくすると冷えが緩和されます。

ストレスを解消

ホルモンバランスの乱れはストレスが原因。
ストレスを溜めないようにすることも大切ですが、ストレスを解消できる方法を見つけておきましょう。

睡眠をたっぷりと取ること

寝ている間にホルモン分泌は活性化されます。
成長ホルモンの分泌が良くなる0時までには就寝するようにしましょう。

PMS対策サプリメント

PMS症状に悩む女性のために作られたサプリメントを活用しましょう。

ホルモンバランスを整えることでPMS対策を行い、女性が本来持っている美の力も最大限引き出してくれます。

婦人科を受診する

症状が重い場合は我慢せず医師に相談しましょう。

関連記事

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ