虫歯を放置するのは危険!症状別に治療法をご紹介

虫歯は、虫歯菌によって引き起こされます。
その虫歯菌が出した酸によって歯が溶けていく病気のことを「虫歯」といいます。

虫歯は放っておくと、時間が経つにつれてどんどん悪化し、歯が溶けていってしまいます。
「虫歯=歯が痛い」というイメージですが、虫歯の進行具合によっては、痛みを感じていなくても虫歯であるという場合もあります。
なので、虫歯になってすぐに発見することはなかなかできません。
しかし、虫歯は早期発見が大切になってくる病気なので、虫歯は治療するのが難しい病気であるといえます。

時間が無くて歯医者に行けない、歯医者が嫌いで行きたくない、などの理由で歯医者に行けない人も多いですが、歯は生きていくなかで大切なものであり、虫歯は無視することのできない大きな問題です。

虫歯の進行具合はC0~C4と分類されています。
そして、症状もそれに合わせて変わっていきます。
最初は少し歯が溶けるだけだったものも、だんだんと溶ける範囲が広くなっていき、最終的には歯がなくなってしまうのです。

虫歯の進行具合による症状の変化

【C0】

虫歯の進行具合:軽度
歯の表面だけが、少し溶けた状態。

『症状』
痛みは無い。

【C1】

虫歯の進行具合:初期
歯の溶けた部分が広がり、小さな穴が開いた状態。

『症状』
痛みは無い。

【C2】

虫歯の進行具合:中期
歯の溶けた部分が大きくなり、虫歯がどんどん悪化している状態。

『症状』
痛みが出始める。
虫歯の進行が進んでいくにつれて、痛みの大きさや種類も増えていく。
「痛みの種類の変化」(虫歯の進行が進むにつれて1→2→3と増えていく。)
1. 冷水痛:冷たいものによる痛み。
2. 甘味痛:甘いものによる痛み。
3. 温熱痛:熱いものによる痛み。

【C3】

虫歯の進行具合:後期
虫歯が歯の神経にまで進んでしまった状態。(歯の神経:歯の根の部分にある。)

『症状』
・強い痛みを感じる。(虫歯の部分がズキズキする、など)
・顎が痛くなったり、頭痛がしたりすることもある。

【C4】

虫歯の進行具合:重度
歯の部分はほとんど溶けてしまっていて、歯の神経も死んでしまっている状態。

『症状』
・神経が死んでいるので、痛みを感じなくなる。
・内歯瘻(ないしろう)
 歯の根の部分に、虫歯菌が巣(根尖病巣)をつくり、そこに膿がたまる。
 その膿が歯茎に空いた穴から外に出て、また膿がたまって、外に出て、という繰り返しが起こり、最終的に歯の神経が死んでしまう。
・外歯瘻(がいしろう)
 内歯瘻と同様に膿がたまる。
 その膿が顔の皮膚に空いた穴から外に出て、顔に穴が開く。

その他の症状

・歯が黒くなる。
 虫歯菌が歯を溶かすと、その部分が黒くなる。

・口臭がひどくなる。
 虫歯菌が出した毒素の臭いで、口臭がひどくなる。

・生活習慣病になる可能性が出てくる。
 虫歯菌が、歯の溶けた部分から血液の中に入り込み、全身へと広がり、全身に悪影響が出る場合がある。
 (例)動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病など。

虫歯菌と呼ばれる細菌「ミュータンス菌」が、虫歯の原因です。
このミュータンス菌と糖分が接触すると、虫歯になります。

『ミュータンス菌が虫歯をつくるまでの流れ』
1. 口の中に糖分が入ってくる。
2. ミュータンス菌が活発に働きだす。
3. 歯垢をつくる。
4. 歯垢の中で酸をつくる。
5. 酸が歯(カルシウム、リン)を溶かす。
6. 虫歯になる。

虫歯は、虫歯になったばかりの初期ならば、歯磨きで進行を止め、治すことができます。
しかし、虫歯が進行すると、自然には治すことができなくなります。
なので、早く見つけて、早く治療することが虫歯の最善の治療方法だといえます。

虫歯の進行具合(C0~C4)によって変わる治療方法

【C0】軽度

「治療方法」
歯の再石灰化を行う。
(歯の再石灰化:正しい方法で歯磨きを行うことで、虫歯を治す。)

【C1】初期

この段階にくると、もう歯磨きで治すことはできない。
「治療方法」
1. 虫歯の部分を削る。
2. 削った部分に詰め物(色は歯に近く、素材はレジン樹脂のもの)をする。
3. 光で固める。

C1(初期)で発見・治療することによるメリット
・削る範囲が小さい。
・治療が1回で済む。

【C2】中期

「治療方法」
1. 虫歯の部分を削る。(C1(初期)よりも削る範囲が大きくなる。)
2. 歯型をとる。
3. 削った部分に詰め物(レジン樹脂のものは使えない場合がある)をする。
または、セラミックの歯を被せる。

【C3】後期

「治療方法」
根管治療
1. 歯の根の中から、神経を取り除く。
2. 歯の根の中を綺麗にする。
3. 取り除いた神経の代わりに、コア(土台)を入れる。

神経を取り除くことによるデメリット
・神経がなくなり、痛みを感じ取れなくなる。
 そのため、虫歯が進行しても分からない。(神経を取り除いても虫歯になることはある。)
・歯が弱くなる。
 歯の根の中には、神経といっしょに血管なども入っている。
 そのため、根管治療で神経を取り除く時に血管もなくなってしまい、歯に栄養を運べなくなり、歯が弱っていってしまう。

【C4】重度

「治療方法」
1. 抜歯or歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)を行う。
 (歯根端切除術:歯の根の部分を切除することで、歯の根の部分にたまった膿を取り除く治療方法のこと。)
2. 抜歯した後の状態に合わせて、インプラント・ブリッジ・入れ歯のいずれかによる治療を行う。

虫歯を放置して抜歯の数が増えていくことによるデメリット
・できる治療方法が減っていく。
抜歯1本の時:インプラント、ブリッジ、入れ歯。
 抜歯多数の時:インプラント、入れ歯。
 最終的に、できる治療方法は入れ歯のみになる。
・治療費が高くなる。


「予防歯科」とは、虫歯や歯周病などになってしまう前に予防することをいいます。
日本では、虫歯になって痛みを感じてから歯医者に行くのが一般的です。
しかし、虫歯は進行してからでは遅いので、

× なってから治す。
○ なる前に予防する。

という考えを持つことが大切だといえます。
実際に、欧米ではこの考えが定着していて、日本でも予防歯科をもっと取り入れるべきだと考えられます。

予防歯科の方法

毎日、歯磨き・うがいを正しい方法でする

虫歯の原因になる虫歯菌や糖分を取り除く。
食後に早めに歯磨き・うがいをすることも効果的である。

「歯磨きで多い磨き残しの部分」
・歯と歯の間
・歯と歯肉の境目
・奥歯の噛み合わせ部分
・治療した部分(詰め物など)の周り

など。

歯医者に行く

①定期的に検診を受ける。

②歯垢を削ってもらう。

③ブラッシング指導を受ける。
ブラッシング指導:正しい歯磨き方法を教えてもらうこと。

④定期的にPMTCを受ける。
PMTC:歯科衛生士が器械を用いて歯を清掃してくれること。
Professional 専門家による
Mechanical 器械を用いた
Tooth 歯の
Cleaning 清掃
歯磨きでは難しい部分も綺麗にしてくれる。

⑤シーラントを行う。
歯垢がたまりやすい部分(歯の隙間など)をシーラント(歯科用のプラスチック)で埋める。
歯磨きがまだきちんとできない子どもにすることが多い。

⑥フッ素塗布をする。
歯の表面にフッ素を塗ることで、歯の再石灰化を促す。
歯磨き粉にフッ素配合のものがあるが、それよりも、歯科医院でフッ素塗布をしてもらった方が高い効果を得られる。

虫歯になりにくい食べ物

・糖分が少ない。
・長い時間、口の中に残留しない。
・歯にくっつきにくい。
・食物繊維がたくさん含まれている。
・唾液の分泌を促進する。
 (唾液:歯垢を洗い流す。歯の再石灰化に必要不可欠である。)

(例)
・チーズ
唾液の分泌を促進する。

・プリン、ゼリー
糖分が少ない。
歯にくっつきにくい。

虫歯になりやすい食べ物

・糖分が多い。
・長い時間、口の中に残留する。
・歯にくっつきやすい。
・酸性の食べ物。

(例)
・柑橘類(レモンなど)
酸性の食べ物。

・チョコレート、飴など
糖分が多い。
長い時間、口の中に残留する。
歯にくっつきやすい。

・ドライフルーツ
糖分が多い。
歯にくっつきやすい。

・スナック菓子
糖分が多い。(塩分が多いイメージだが、糖分も多い。)
歯にくっつきやすい。(特に奥歯にくっつきやすい。)

酸性の食べ物とは?ダメな理由は?

食べ物には、酸性のものとアルカリ性のものがあります。

(酸性の食べ物)
動物性タンパク質(肉類など)、穀物など。

(アルカリ性の食べ物)
野菜、海藻、豆類など。

普段、人間の口の中はpH6.8前後(弱酸性)となっています。
しかし、食べ物を食べるとpH4まで下がってしまいます。

歯というのはpH5.5になると溶け始めるので、人は何かを食べるごとに歯が溶けているのです。
この溶けてしまった歯は、唾液が再石灰化してくれることで治るのですが、できるだけ酸性の食べ物を控えたほうがよいといえます。

また、身体のpHがアルカリ性になることで唾液の分泌は活発化し、虫歯になりにくい体にすることができます。
なので、アルカリ性である野菜を中心とした食事を摂ることが、虫歯には好ましいと考えられます。

しかし、酸性の食べ物も生きていくうえで必要な食べ物なので、酸性の食べ物を全く食べないなどの極端な食事は避けたほうがいいです。

・カルシウム

歯の原料になる。
身体の中にあるカルシウムの99%は、歯と骨に含まれている。

・タンパク質

歯茎(歯の土台)になる。

・マグネシウム

カルシウムの吸収を助ける。
歯を支える部分(歯槽骨)の構成成分になる。

・ビタミンD

カルシウム、リンを歯の中に送る。
歯の石灰化にとても重要である。

・ビタミンA

ビタミンDといっしょに、歯の成長・修復を促進する成長因子である。
歯を構成するエナメル質を作る。

・ビタミンC

歯を構成する象牙質を作る。
健康な歯茎をつくるために重要である。
傷の治りを早める効果があり、抜歯・インプラントなどの治療が終わった後のケアにも役立つ。

・フッ素

歯の再石灰化を促進する。
ほとんどの食品に含まれている栄養素である。

・食物繊維

唾液の分泌を促進する。
歯の表面についた汚れを落とす。

関連記事

悩み別検索

  • 男性
  • 女性
  • 生活習慣病
  • 野菜不足
  • 子供
  • アレルギー
  • 老化
  • その他

ランキング

最新記事

幸せサプリ