バニリン

バニリンはバニラの果実や梅干しに含まれる香り成分であり、この2つの食材以外にはほとんど含まれません。

バニリンには脂肪を燃焼させる作用があり、梅干しを一日に3個以上食べるとBMI値が下がるというデータがあります。

梅のバニリンは種だけに含まれていますので、普通に果肉を食べるだけでは摂取することができません。
梅干しを作る工程で種から果肉にバニリンが移っていきます。
一日に3個食べるのは塩分が気になるという人は塩抜きをして食べるか、サプリメントを利用するのもおすすめです。

バニリンの効果・効能

脂肪燃焼効果
バニリンには脂肪を燃焼させる作用があります。これによりメタボリックシンドロームの改善や、高血圧や糖尿病などのリスク低下が期待できます。

相乗効果がある成分

バニリンを含む食べ物
バニラ
梅干し

バニリンの副作用

特になし

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース