ビタミンB1

ビタミンB1は「疲労回復のビタミン」とも呼ばれており、水に溶けやすい性質を持つ水溶性ビタミンB群の一種です。糖質の代謝に必要不可欠で、白米を主食としてエネルギーを糖質より得ている私たち日本人にとっては重要なビタミンです。

かつて日本人に多くみられた病気である脚気は、ビタミンB1の不足により生じたことが分かっています。

このビタミンB1は糖質の代謝の過程において、酵素の働きを助ける「補酵素」として働きエネルギーを生み出します。脳の正常な働きにも欠かせないほか、皮膚や粘膜を健康に保つ役割も担っています。

ビタミンB1の効果・効能

糖質の分解作用
ビタミンB1は体内で炭水化物や糖質を分解し、エネルギーに変えるのを助けて補酵素として働きます。人間が生きていくために欠かせない成分です。
疲労回復作用
ビタミンB1は炭水化物、糖質を分解してエネルギーに変えるのを助け、乳酸などの疲労物質のエネルギー転換を行います。
心臓の働きを正常にする作用
ビタミンB1は、心臓が正常に収縮し十分な血液を送り出すために有効な栄養素です。不足すると脚気の症状が出て、心不全を起こすことがあります。
免疫力向上
ビタミンB1は小腸の免疫細胞に働きかけ、活性化させる作用があります。継続的な摂取により体全体の免疫力をアップさせます。
脳や神経の働きを正常にする作用
脳や神経のエネルギー源である「糖質」の分解を助け、全身の新陳代謝を高めたり、血流をよくしたりする作用があります。

相乗効果がある成分

ビタミンB1を含む食べ物
豚肉
胚芽精米
豆類
レバー
1日に必要な摂取量(男性)
1.4mg
1日に必要な摂取量(女性)
1.1mg

ビタミンB1の副作用

人により胃腸の不調や発疹などが現れることがあります。

ビタミンB1が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース