ビタミンB12

ビタミンB12は、水に溶けやすい性質を持つ水溶性のビタミンB群の一種です。ミネラルの一種である「コバルト」を含んでいるため「コバラミン」とも呼ばれています。

DNAやたんぱく質の合成の調節、そして補酵素としてさまざまな代謝に関わっており、悪性貧血の予防や神経の働きに必要不可欠な栄養素です。このビタミンB12は動物性食品にしか含まれておらず、腸内細菌により作られます。

ビタミンB12が欠乏すると、疲れやすくなったり体力が低下したり、貧血症状が起きたりします。また欠乏による認知症への影響についても研究が進んでいます。

ビタミンB12の効果・効能

貧血予防
ビタミンB12には、葉酸とともに血中のヘモグロビンの生成を補助する作用があります。正常な赤血球を作り、貧血になるのを防ぎます。
神経機能を正常に保つ作用
脳からの指令を正常に伝達するには、ビタミンB12が欠かせません。不足すると集中力の低下や手足のしびれなどが起こることがあります。
睡眠促進作用
ビタミンB12は睡眠リズム、覚醒リズムにかかわっています。だるさや不眠を訴える人の多くは、ビタミンB12が不足しているといわれています。
肩こり、腰痛を緩和
血行不良は肩こりや腰痛の原因となります。ビタミンB12が貧血症状を改善し、末梢神経の損傷を正しつらい痛みを改善します。
記憶力、集中力の向上
ビタミンB12の濃度と記憶力には相関関係があるといわれています。オメガ3脂肪酸と一緒に摂ることで、認知症の発症を遅らせることができるというデータがあります。

相乗効果がある成分

ビタミンB12を含む食べ物
レバー
いわし
まさば
うずらの卵
海藻
貝類
1日に必要な摂取量(男性)
2.4μg
1日に必要な摂取量(女性)
2.4μg(妊婦、授乳婦ともに2.8μg)

ビタミンB12の副作用

特になし

ビタミンB12が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース