ビタミンB6

ビタミンB6は水に溶けやすい性質を持っており「ピリドキシン」とも呼ばれています。食べ物から大部分が摂取されますが、一部は腸内でも生成されます。

たんぱく質からエネルギーを作り出す代謝の過程において、必要な酵素の働きを助ける補酵素としての役割を持っています。神経伝達物質の合成に関わるため精神状態を安定させたり、ホルモンバランスを整える働きも持っているため、女性にとって強い味方となるビタミンです。

また胎児期や幼児期、成長期にある子どもの健康な体作りにも欠かせない、毎日積極的に摂り入れたいビタミンです。

ビタミンB6の効果・効能

成長の促進
ビタミンB6の摂取により、たんぱく質の代謝が進みます。また成長ホルモンの分泌にも関わっているため、成長期の子どもには特に欠かせない栄養素です。
脂肪肝の予防
ビタミンB6には、肝臓に脂質がたまるのを防ぐ作用があります。脂質の代謝をうながし、たまってしまった脂肪を分解し排出します。
動脈硬化の予防
ビタミンB6は動脈硬化の原因となる「ホモシステイン」の濃度を低下させることが分かっています。継続的な摂取により動脈硬化リスクを減らします。
神経細胞を正常に保つ作用
ビタミンB6の不足により、神経の伝達がスムーズにいかなくなります。十分な量のビタミンB6が体内にあることで、神経細胞を正常に保ちます。
アレルギー症状の緩和
研究によりビタミンB6が免疫のバランスに関係していることが分かっています。免疫の過不足を正すことで正常なバランスへと導き、アレルギー症状を緩和します。
月経前症候群(PMS)の緩和
ビタミンB6は女性ホルモンであるエストロゲンの代謝に関わっています。継続的な摂取により、月経前症候群のつらい症状を和らげます。

相乗効果がある成分

ビタミンB6を含む食べ物
牛レバー
鶏ささみ
マグロ
かつお
バナナ
さつまいも
ピスタチオ
1日に必要な摂取量(男性)
200mg~500mg
1日に必要な摂取量(女性)
200mg~500mg

ビタミンB6の副作用

過剰摂取により胃腸の不調、肌荒れ、日光過敏などの症状が現れることがあります。

ビタミンB6が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース