ゼアキサンチン

カロテノイドの一種で緑黄色野菜に多く含まれるゼアキサンチンには、強力な抗酸化作用を持っており、目の黄斑部に存在しています。
黄斑変性症や白内障の予防に期待されています。
カロテノイドには600種類ほど存在していますが、赤や黄色の天然色素でカロテン類のカロテノイド、キサントフィル類のゼアキサンチン、ルテインがあります。

ゼアキサンチンは体内に存在するものですが、体内で合成することが出来ません。
目は毎日使うものなので、ゼアキサンチンはどんどん減っていくことになります。
そこで食材かサプリメントから摂ってやる必要があります。

ゼアキサンチンの効果・効能

黄斑変性症を予防
加齢や活性酸素などが原因で視力が低下する「黄斑変性症」をルテインと共に働くことで、予防できるため。 また、ゼアキサンチンが持つ強い抗酸化作用が黄斑部で発生した活性酸素によるダメージを抑えるため。
白内障を予防
ゼアキサンチンに強い抗酸化作用を持っており、活性酸素原因で起こる水晶体の酸化を抑えることができるため。

相乗効果がある成分

ゼアキサンチンを含む食べ物
緑黄色野菜
パパイヤ
とうもろこし
マンゴー
スピルリナ
1日に必要な摂取量(男性)
6mg
1日に必要な摂取量(女性)
6mg

脂溶性であるゼアキサンチンは油と一緒に摂ると吸収率がアップします。
抗酸化作用がありますが、活性酸素を除去すると自身が酸化してしまうので、水溶性の抗酸化力を持ったビタミンCなどを一緒に摂ることで再び、ゼアキサンチンの抗酸化力が戻ると研究結果が出ています。

ゼアキサンチンが含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース