亜鉛

亜鉛は、人間が活動するために必要な代謝に働く酵素の構成成分として必要なミネラルになります。
この亜鉛は味覚を正常に保たせ、皮膚や粘膜の健康維持に必要な栄養素です。
別名性のミネラルとも呼ばれており、男性、女性共に親しまれています。

亜鉛はビタミンCと共にコラーゲンを生成する働きがあるため、美容に気を遣う女性にも人気が高い成分です。

新陳代謝を促し、100種類近くの酵素にも関与している人間の体に必要なミネラルですが、食物に含まれている割合が低いことや、体内への吸収率が悪いことから、絶対的に摂取量が足りていない栄養分でもあります。

亜鉛の効果・効能

生殖機能を高める
亜鉛により精子形成が促され、精子自体にも亜鉛が大量に含まれるようになるため、生殖機能を高める効果があるため。
胎児の中枢神経系の発達
亜鉛には細胞の正常な分裂を促す作用があり、DNA(遺伝情報)を正しく複製するため。
抜け毛予防、白髪防止
髪の毛を成長させる成長ホルモンの分泌を助け、メラニンを生成する働きで艶のある黒い髪を維持する効果があるため。
味覚を正常に保つ
亜鉛は細胞の正常な生まれ変わりを助ける働きにより、味を感じ取る舌の表面の「味蕾(みらい)」の形成に深く関わっています。
成長の促進
亜鉛は、新しい細胞を作り出すために重要な栄養素で、遺伝子の情報をコピーしてたんぱく質を合成するという化学反応が行われます。そのため新陳代謝や成長を助けてくれます。
生活習慣病予防、改善
亜鉛はインスリンに働きかけることにより糖尿病を予防するだけではなく、総コレステロールや悪玉コレステロールを抑え、血圧降下作用があります。
二日酔いを防ぐ
お酒を飲んだあとに、体内でアルコールを分解する際に必要な「アルコール脱水素酵素」が働くために必要な栄養素が亜鉛です。

相乗効果がある成分

亜鉛を含む食べ物
牡蠣
レバー
鶏卵
ごま
1日に必要な摂取量(男性)
9mg
1日に必要な摂取量(女性)
7mg(妊婦の場合はこの数字にプラス2mg、授乳婦はプラス3mgを付加する必要があります。)

【亜鉛が不足したときの症状】
1.食欲不振、発育不全、疲れやすい
亜鉛は細胞分裂、そして骨の成長に関わっていますので、不足すると発育不全の原因になってしまいます。

2.学習障害、神経障害
亜鉛は脳の発育や刺激の伝達にも関わっていますので、不足すると脳や神経関係の障害の原因になります。

3.免疫力低下
亜鉛不足によって免疫力が低下すると、風邪を引きやすくなったり、さまざまな感染症にかかりやすくなってしまいます。

4.傷の修復能力が低下
免疫力が低下するのと同様、細胞分裂に関わっている亜鉛の不足は傷ついた細胞の修復を遅らせてしまいますので、傷の治りが遅くなるのです。

5.性機能の低下
亜鉛は性ホルモンの分泌を促しますので、不足すると男性であれば精液、精子の減少、前立腺肥大、性腺の発育不全の原因になります。
女性であれば月経異常、不妊症の原因になります。

6.視力障害
亜鉛は網膜の視覚色素にも関わっています。
不足すると暗闇での視力が低下したり、色盲などの視覚障害になります。

7.皮膚障害、爪の異常、脱毛
亜鉛はたんぱく質の合成や細胞分裂に関わっていますので、不足するとたんぱく質を主原料としている「皮膚」「爪」の異常だけではなく、脱毛の原因にもなります。

8.貧血が起こる
亜鉛は運動によって汗や尿として排泄される量が増加します。
そのため汗を多くかくスポーツ選手に亜鉛不足が見られる場合があります。

スポーツによる貧血は、スポーツ選手がエネルギー消費量に見合った十分な鉄や亜鉛を摂取できないことが原因です。
また亜鉛は赤血球の構成成分でもあるので、亜鉛不足は赤血球不足になって貧血の原因となります。

肌荒れや爪の変形、立ちくらみや疲れが抜けない、そして味覚障害が起こっていると亜鉛不足であることを疑ったほうがいいでしょう。

亜鉛が含まれる商品ラインナップ

商品で探す

メーカーで探す

最近追加された成分

  • 用語集
  • 健康に関する知識
  • 健康成分満載の食材
  • 雑学
  • ジャンクフード天国
  • 悩み・不調・病気
  • しあわせサプリコラム
  • ニュース